工場のリソースを最大限活用する方法

工場のリソースを最適化する事で、売り上げを最大化する事ができます。

工場のリソース

工場リソース
出展高解像度の写真素材なら【写真AC】

工場のリソースとは

リソースは一般的に価値のあるものの事を表す言葉です。工場などで価値があるものは、人材と機械などの設備の事を表します。

この大きく2つのリソースを最大限活用する事で、工場を最適化する事ができます。そして利益を最大化する事が可能になります。

間違ったリソースの使い方

工場にはリソースと呼ばれる、機械や従業員が大勢います。そのすべてがMaxに動かす事は非常に理想ですが、ほとんどのケースでそれはあり得ません。

例えばよくあるケースとして、時間があるから製品をどんどん生産して、在庫を作りだしてしまう工場などをよく見かけますが、在庫が増加する事はキャッシュフローにも影響しますので、おすすめできません。

在庫を最小限にして生産を最大化させる事が工場の最適化になります。

工場の生産はボトルネックに合わせる

ボトルネックは、ビンの首の部分の事をいう言葉です。

ボトルネック
出展高解像度の写真素材なら【写真AC】

 

実は工場の工程にもボトルネックと呼ばれる工程が存在しています。

工場にあるリソースはそれぞれ生産能力、処理能力が異なります。

aという製品を生産する場合A→B→Cと工程を通り抜けるように仮定すると

  • Aリソース 10000個
  • Bリソース 500個
  • Cリソース 1000個

ボトルネックはBのリソースになります。この製品はBのリソース以上に生産をする事が出来ないのです。Bのリソース以上の製品を出荷できない事から売り上げはボトルネックであるBのリソースによって決まります。

また実際、工場で作っている製品は1つではないはずです。aだけでなく、bやcといった製品も製造しています。そのため例えばすべての製品がCリソースを通り抜けるのであれば、もしかしたらCリソースが工場のボトルネックとなっているのかもしれません。

そのためボトルネックとなるCリソースを休ませない事が工場のリソースを最適化する事になります。それ以外のリソースはCリソースが休まないように工程を動かす必要があります。

リソースを最大限使用する

つまりボトルネックとなるリソースを最大限働かせる事と、非ボトルネックの工程はボトルネックの動きを止めない事を基本に作業をする事で、工場のリソースを最適化する事が出来ます。それによって売り上げが最大化します。

ボトルネックの探し方

ボトルネックの特徴は、常に忙しくしているリソースとなります。工場をぐるっと見回してみればすぐに判ります。