オーナー社長が悩むスムースに事業承継をする方法

事業承継は、40代を過ぎたオーナー社長では常に考えておくべき問題です。不足の事態にあたふたしないた、事前に準備をする事が重要です。

事業承継

事業承継
出展高解像度の写真素材なら【写真AC】

事業承継とは

事業承継は言葉通りですが、自らの運営する事業を第三者に引き継ぐ事をいいます。事業承継は中小企業のオーナー社長にとっては悩みの種となる事が多い問題です。一般的に事業承継をする相手としては、次の3つが主だったものになります。

親族

息子や娘などの子供や親族に会社を承継する事を考えているオーナー社長が多く、「子供がいつか引き継いでくれる」と思い込んでいるオーナーが多い一方で、子供側ではあまり承継したいと思っていないケースが最近増加している。

また、入社して父親の会社を手伝ったとしても、たたき上げのオーナー社長と比較すると経営に向いていない場合もあります。

従業員に経営権を継承

オーナー社長が自社株を保有したまま、信用の出来る従業員に社長業を承継するケースがあります。この場合自社株を持ったままですので、事業承継については先送りした状態で本質的には解決はしていない状態です。

M&A(友好的な買収または身売り)

会社の経営権を売却する方法です。この場合オーナー社長が第三者に事業承継する事でオーナー社長としての立場が無くなり経営から離れるが、会社は第三者によって継続する。

それぞれメリットデメリットがあるが、大きくこの3つの方法がある。

事業承継と事業継承

承継と継承どちらが正しいか話が出る場合がある。実は似ているようで意味が異なります。承継は、先人つまり前経営者の地位、事業、精神、方針などを引き継ぐ事をいいます。一方で、継承は、先人の身分、権利、義務、財産などを引き継ぐ事を表すといわれています。

そのため、中小企業庁の指針では、事業承継と呼ぶのが一般的とされています。ただ、会社の義務、財産を引き継ぐ事を考えると事業継承でもよいかと思います。

事業承継は経営者であるあなたの責任

事業承継は経営者であるあなたが、会社や自分のやっている事業を今後どうしたいかという決断でもあります。

事業として成り立たないのであれば、廃業という選択̪肢もありますが、顧客がついており、事業が順調であれば、従業員の雇用継続をする必要があります。そのためオーナー社長であるあなたは会社を存続させる義務が生じてきます。

不測の事態が発生したら・・・

オーナー社長であるあなたは1人しかおりません。不測の事態がおきたらどうするか考えた事はあるでしようか?

ここで言う不測の事態とは

あなたがオーナ経営者であるあなたが、経営などの仕事ができなくなる状態の事をいいます。一般的には死亡の事だけを考えますが、認知症や意識不明になるような大事故などによる事も考えられます。

そんな時のために事業承継をする相手を選んでおく事が重要になります。加齢などはほんの一部の問題で、40代を過ぎたらいつ事業承継をしても良いような準備をしておく事が重要になってきます。

事業承継を考えるために家族信託を選択

家族信託はもともと財産の相続時に土地や建物などの財産分与の時の紛争がおきないために生まれた制度です。会社などの株券なども不動産などと同様で相続時に紛争の原因となるものです。

家族信託の制度を利用して事業承継者を任命して不測の事態に備えてみませんか?