工場の利益に直結する工場改善手法

一般的な改善方法には、QCサークルのような商品や工程に特化した改善方法は日本には数多くありますが、工場を運営する会社にとっては、常に利益を追求するような改善方法を第一に考える必要があります。しかも商品の品質を落とすのでは無く、そのままもしくは向上する事を考える必要があります。

工場の利益に直結する3つの改善ポイント

工場の利益に増加させるためには、支払いをコントロールをする事が重要です。一般的にいわれている、商品や工程などの改善をすれば利益が出るは非常に利益が出る確率の低い方法となっています。

これは経営者であれば、ごく当たり前でもありますが、支払いについて大きいものは、仕入れ、人件費、そして経費です。利益を増加させるための改善ポイントは、仕入れ、人件費、そして経費です。これらの支払いをコントロールする事が、利益が出る改善となります。

仕入れ

仕入れつまり、工程で使用する素材・材料、プレスメーカーであれば鋼板、プラスチックメーカーであれば、材料ペレット、塗装メーカーであれば、塗料など様々なものを工場は仕入れを行っています。仕入れを行った材料を工場内で加工する事で、販売する商品を生産して、その商品を販売する事で利益をあげる事ができます。そのため1商品あたりの仕入れ額を下げる事で大きな利益につながります。

そんなの当たり前じゃないか言われるかもしれませんが、この当たり前の事が出来ていない事が以外と多いのが工場の運営者なのです。

人件費

工場は多くの人を抱え込む必要がある場所です。そのため売上げを維持した状態で、人件費を減らす事が、工場にとって利益をだす事が重要です。

ごく当たり前に給料の支払いをしている場合でも、この給与の支払いが正しいのかを一度考える必要があります。ただ、不用意に給与の減額をする事はオススメいたしません。商品1個あたりの人件費割合を減らす事が大事なのです。

経費

工場には様々な固定費と呼ばれるものが多い、固定という事で、毎月変わらないと思い込んでいる傾向がありませんか? 費用が多いものとしては、家賃、電機代、設備費(減価償却費)が割合として多いのではないでしようか? 実際やり方によっては、固定費と思われる家賃ですら下げる事ができます。

絶対額では判りにくいかもしれませんが、売上げで対比をする事で、その費用が高いのか安いのかが判明します。そして高い場合は、下げる改善を是非してください。

まとめ

支払い絶対額を下げると言うことは、以外と難しいかと思いますが、払う必要が無い無駄な支払いが以外と多く存在しています。この無駄な支払いをまず下げるように努力が必要です。

これが利益を生むための改善方法となっています。工場が利益を最大化させるためには、影響度が高い無駄な支払いを下げる事が有効です。実は場合によって半額まで下げる事も可能な場合があります。