ブログコンテンツを発信する。多くの人が、様々なメディアを利用して情報を発信しています。しかし、ビジネスで使用する場合は、それなりの考え方や方法が必要になります。

ここでは、起業したてや、これから起業を考えている人にも可能な、なるべくお金をかけない方法で最初に必要な集客を考えたブログサイトの運営方法をまとめました。

集客をするための”コンテンツブログ“の作り方

はじめに

インターネットマーケティングには様々なマーケティング手法がありますが、様々なコンテンツを配信して、自らがメディア化していく事が、最終的には勝ち組に行くための王道の戦略です。

ただ、この方法は、一攫千金の方法ではありません。そのため短時間で構築は不可ですので、最低でも半年程度時間をかける必要があります。

しかし、3ヶ月後には、この方法が良かったと思うことでしょう。

このサイトは、起業したての方やこれから起業をしようとしている方のために作成していますので、内容が、当たり前過ぎる処もあるかもしれませんが、ご勘弁ください。

ビジネスの基本的な考えとして

ほとんどの起業で、最初に失敗する理由は、自分の商品やサービスに対して、”愛情”を持ってしまう事と思います。

自分が作った商品やサービスが本当に、良い製品や良いサービスだとしても、売れるかどうかは判りません。顧客がそれに対して、お金を払ってくれるかが判らないからです。

ビジネスの基本としては、やはり、市場ありきです。人が集まれば商売になる、変な話かもしれませんが、お祭りやイベントで、人が大勢いる中では、屋台のたこ焼きや焼きそばなんかが、決しておいしくもないのに、たくさん売れるのもその原理です。お祭りで売れるからといって、誰も人の通らない田舎で、店を開いてもわざわざ食べに来ようとは思わない。

実際顧客の立場の場合は、判っているのに、いざ自分がビジネスを始める時に、そんな事を忘れてしまうのです。

ビジネスで実際必要な事は、セグメントされた、データーです。今まで私は、投資と回収についてテストを色々と繰り返してきましたが、費用をあまりかけずに、市場調査が可能なものとして、コンテンツブログが1番良い事に気がついたのです。

実際、約7年ほど前に、前職で行ったコンテンツブログでは、広告費を1円もかけずに約1500万円ほどの売上げにつながった方法なのです。

技術は、日々進歩していますので、私が知る限りの最新の方法を紹介していきたいと思います。

コンテンツブログのマーケテティング手法について

コンテンツブログでは、実は3つのマーケティング手法を実践していく事になります。

3C分析、SWOT分析、そしてランチェスター戦略この3つを組み合わせて動かしていく手法になります。

3C分析

顧客(customer)、競合(competition)、自社(company)の頭文字を合わせて、3C分析と言うのですが、顧客の事、競合の事、自社の事を調べて、何が妥当かを分析する方法です。意外と分析として抜けてしまうのは自社、自分の事になります。

SWOT分析

強み(strong point)、弱み(weak point)、機会(opportunity)、脅威(threat)の頭文字を取って分析する方法で、強みと機会、弱みと機会、強みと機会、弱みと脅威を合わせる事で、新しいマーケットを見つけたり、弱い処を強化させたりかなり使いやすい分析方法で、起業セミナー等では、よく話として出てくる方法です。

ランチェスター戦略

一般的には、弱い者いじめ戦略と言って、自分が常に強者となるような立場で、常にコストリーダーとして、市場を独占していく方法です。例えば両面テープ、片面テープというニッチ市場で巨大化した、日東電工ですが、そのさらにニッチで動いていて市場を取得した、”ガムテープ”は知られていないですが、三陽工業がコストリーダーとして市場を握っています。

この3つの手法を組み合わせていくのが、コンテンツブログなのです。