コンテンツ戦略が製造業にとって、

最先端のマーケティング手法です。

現在、ネット上には、情報が

あふれていますが、専門的なサイトは、

Google、Yahooのオーガニック検索によって

広告費のかからない、アクセスで、

コンバージョンが出来る唯一の方法です。

コンテンツ戦略にみる、広告費ゼロの、集客方法

コンテンツ戦略とは

コンテンツには、必ず 

ひとつのテーマが必要です。

基本は 1ドメイン=1サイト=1テーマ

Webでのコンテンツ戦略では、

すへて、

1テーマのサイトにする事が望ましい

そして、

そのテーマに添った内容を、情報を出し続ける事で、

専門コンテンツサイトとして認識を受けると

それに興味・関心がある見込み客が

自然と集まってきます。

その結果、そのテーマに沿った商品や

サービスをセールスすると、販売が成立

して、売上げに繋がるのです。

コンテンツ戦略が有効な理由

1)Google はコンテンツが大好き

Googleの基本方針としては、

よりよいコンテンツを、上位表示したい

というのが、創業当時からの考え方です。

Googleは、優良なサイトを、

検索した時に、上位に表示したいと

考えており、最後は人が見て役に立つ

と思われるサイトを上位表示するような

事を日々実施している。

2)広告費の高騰

現在、Web上の広告料は、

実は非常に高騰しています。

人は、購買意欲の高いキーワードで検索

をした時に現れた、サイトや広告を

クリックして、購買をしますが、

実は、購買意欲の高いキーワード

が非常に価格が高騰しています。

現在リスティング広告とよばれる、

1クリックの価格を入札するやり方

で、人気のあるキーワードは、

1,000円を超えているものもあります。

そのため、たとえ製品が、売れたとしても

コストがあわないものが出来てきました。

自社サイトにコンテンツを置き、

SNSで、効率よく拡散する事で、

広告費をなるべくかけないで、

売上げや集客に繋げる事ができる

のです。

3)無料SNSとの連携

Facebook、Twitterを初めとする、

無料のSNSについては、

多くの人が利用しています。

それぞれで、利用目的が異なりますが

これらも、実は コンテンツを好んでいます。

無料のSNSで、友達やフォローワーを

集めて、広告を見せる等の戦略

をしている人を見かけますが

実はSNSこれを現在排除しよう

としています。一方で、優良な

コンテンツについては、SNSとの

連携がやりやすくなっています。

コンテンツ戦略は 計画的な進め方が必要

コンテンツ戦略のため、可能なかぎり、

多くのコンテンツとなる、参考資料が

必要になります。

よくどのくらい、必要か質問が出ますが、

それは、選んだテーマによって異なります。

また、出すコンテンツの順番も戦略のひとつになります。

そのため、テーマを決めた後、

どのようなコンテンツにするのかを検討

する必要があります。

 

コンテンツ戦略のメリット

コンテンツ戦略は、非常に魅力の高い戦略です。

次のようなメリットがあります。

1)訪れるのは興味のある人だけ

コンテンツ戦略では、顧客目線での

コンテンツを提供しつづける事で、

その商品や、サービスに興味を

もってくれそうな、人が来てくれます。

広告のように、強制的に、誘導するのと

違って、本当に欲しい人だけ、

効率的に、集まってくるようになります。

2)ターゲットは限定

テーマの絞られた、サイトへは、Googleや

Yahooといった、検索サイトや、SNSを

通じて、誘導されます。

そのコンテンツで、誘導された、人は、

見込み客となるべき、そのサイトの

テーマに対して興味・関心をもってい

るのです。

3)ファンとの関係性構築が出来る。

訪れる人はねそのサイトに載っている

コンテンツに興味。関心をもっています。

同一人物が、度々訪問するようになって、

そのコンテンツのファンとなっていきます。

定期的な、優良なコンテンツは、その訪問

してくれる、信頼を勝ち取りファン

となっていくのです。

ファンは、競合商品があったとしても、あなたから、

商品を買う可能性が増加いるのです。

4)情報の拡散が簡単になった。

SNSとの連携が容易になったことで、

SNSを使って、自らのサイトへの誘導が

簡単になりました。

また、お役立ち情報と、ユーザーが判断

した場合、そのコンテンツを無償で拡散

をしてくれるのです。

そのため、直接コンタクトの無い人にも

コンテンツを見て貰う事が出来ます。

5)コンテンツサイトの解析

自社サイトで、コンテンツを広げる場合、

アナリティクス等を使って、解析が出来る

ようになります。

そのコンテンツが興味をもって

見て貰っているのか、Google で、

現在インデックスの順位がどの位か

商品を買って貰った人は、

どのコンテンツを見て、

買ってくれたのが判るようになります。

事実関係を分析出来れば、次に何をすれば、

売上げが上がりやすいかが判ってきます。

専門家はコンテンツの宝庫

コンテンツ戦略を成功させるか、させないかは

コンテンツの質と量の両方が欠けても出来ません。

コンテンツ戦略を行う場合、その専門分野について

調査する必要があります。

そのため、そのテーマに対して、知見があるのは、

非常に有利に働きますし、他の、コンテンツサイトの

間違いを正す事で信頼性も上がります。

あなたが、専門家であれば、コンテンツの6~7割

については、簡単に作る事ができるでしょう。

残りのコンテンツは、著作権を考えて、

様々な文献を参照していく事になるでしょう。

 

コンテンツ戦略には、サイトの設計時に導線を考える。

コンテンツ戦略で重要なのは、なんと言っても導線です。

最初は、ひとつのコンテンツに興味をもってもらい

新しい、記事を毎回みてもらうように、戦略を

建てるのです。

その後、定期購読者になってもらい、ファンとなって

から、広告に誘導するように導線を張る必要が

あります。

そして、商品やサービスを購入してもらうのです。

1度購入して貰った、お客様は、その商品やサービスを

気に入ってもらう可能性があります。

そうすると、リピーター顧客となる可能性があります。

そんな導線を引くことが重要です。

ちよっと難しく思えるかも知れませんが、とても簡単です。

すべてのコンテンツページに対して、リンク先として、

ランディングページを用意します。そして目標の行動

をおこしてもらうのです。

それは、問い合わせだったり、商品、サービスの購入

だったりします。

そのためには、テーマを決めた後に到達目標を決めて

そこに行き着くまで、の導線をしっかりと

決める必要があります。

 

コンテンツ戦略で必要なターゲットの決定

コンテンツ戦略では、ターゲットを決めるのも重要です。

どんな人に、あなたの商品やサービスを

購入してもらいたいかを決定する必要があります。

その時に決めるのがペルソナです。

心理学用語で、仮面ですが、

ペルソナは、最終的には、ひとりの人物に

絞る必要があります。

 

例えば、化粧品を販売したいサイト

であれば、こんなペルソナを考える

はずです。

42才 女性、主婦、子供1人すでに20才

で手も離れてきたので、最近働き出した。

職業は、事務員

趣味は、テニス 週1回

ご主人は3つ上の45才で、

会社の部長職 

年収800万 

ちょっと、ざっと書きましたが、

ペルソナは、仮想でもかまわないのですが

この位、具体的に、イメージもつ事が重要です。

そうです。その1人の人に対してのみ

コンテンツを書いていくイメージが大事です。

そうすると、それに共感する人が増えるのです。

全体に対して書くメッセージよりも

実は、共感の方が、よりファン化しやすいのです。

 

参考資料

コンテンツ戦略の基本的な考え方とストーリー作りのポイント

コンテンツマーケティングが 優良顧客を育む本当の理由

【保存版】戦略的WEBコンテンツ制作・作成 “虎の巻”

「Steins;Gate」の開発元5pb.の志倉氏らが考えるコンテンツ戦略――“原作”たり得る表現メディアとしてのノベルゲーム