インターネット通販の5つのビジネスモデル

インターネット通販は一見ひとつのビジネスモデルのようになっていますが、実は5つのビジネスモデルに分割が可能です。ここでは、そんな通販ビジネスの特長を紹介します。

通販を構成する5つのビジネスモデル

通販の種類

参考無料写真素材なら【写真AC】

通販の5つのビジネスモデルはこちらです。

1.アフィリエイト

アフィリエイトは、インターネットの仕組みを使用した報酬を得るひとつの方法です。

広告主が発行したアフィリエイトリンクと呼ばれるものを自らのメディアに貼り付け、宣伝をする事で、そのリンク経由で、商品の販売や登録などのアクションを促す事で、報酬を得る事が可能です。この仕組みを利用する事で、通販ビジネスを利用する事が出来ます。

大手3大モールである、Amazon、Yahooショップ、楽天市場などは商品毎にアフィリエイトリンクを発行しています。これらを利用する事で、通販を行う事です。

アフィリエイトを利用して通販のメリットしては、通販に必要な仕入れ、在庫管理をする必要が無く、仕入れのための資金を準備する必要がありません。アフィリエイトリンク経由で商品が販売されると報酬を受ける事が出来ます。

一方で、アフィリエイトリンクを貼る事が可能な、自らのメディア(WordPressなどで作成したWebサイト)が必要な上、アフィリエイトリンクで得られる報酬としては、販売額の1~50%と報酬額の幅があるが、一般的な通販商品の報酬としては1~3%です。また、集客作業としては、自らが行う必要があります。集客手段としては、コンテンツを利用したSEOまたは、広告による集客が必要です。ただ

WordPressなどの管理や、集客などが必要なため、初心者にとっては若干ハードルが高い方法です。そのためメインの通販ビジネスを

2.ドロップシッピング

ドロップシッピングは、顧客から注文を受けてから仕入れ先に発注する方法です。

ドロップシッピングは在庫を持つ必要が無く、在庫管理も必要が無いため、資金ゼロから始める事が可能な通販のビジネスモデルでもあります。

そのため、資金の無い初心者にとっても始めやすいビジネスモデルです。

自らは在庫を持たないですが、商品を販売するためには、仕入れ先の在庫情報を得る必要があり、1個単位での購入が可能でしかも、少なくとも2~3日中に商品が手元に届くか2~3日中に顧客に向けて発送する必要があります。

そのため、仕入れるメーカーは限定される事でしよう。代表的なメーカーとしてはドロップシッピングサービスをしている、トップセラーやネッシーなどのBtoB向けの仕入れサイトの利用する事が一般的です。

どうしても、メーカーが限定され、1個単位で商品を購入する事になるため、平均的な利益率が、15~30%と通販商品としては低めなビジネスモデルです。

3.有在庫ビジネスモデル

このビジネスモデルは、通販としては一番一般的な方法です。販売したい商品を卸し業者から仕入れて、個別の注文に対して、

販売をする以前に卸し業者などから仕入れをする事が出来ます。ロットやグロスで仕入れをする事で、比較的安価で仕入れる事が可能です。一般的には販売額の40~60%で購入をする事ができます。

ただ、在庫リスクが発生するため、仕入れ数をコントロールする必要があります。安価になっても大量に商品を仕入れる事はNGです。大量に商品を仕入れると売れないリスクが上がり、キャッシュフローに大きな影響を及ぼすからです。

また仕入れを行う商品は必ずリサーチをして、在庫にならない売れる商品を売れる数のみ仕入れを行う必要のが重要です。リサーチをしないで思いつきだけで仕入れをすると、キャッシュフローに大きな影響が出ます。

4.オリジナル商品販売する。

やはり通販ビジネスを行う場合、オリジナル商品の販売を目指すものです。オリジナルり商品として販売するものとしては、化粧品やサプリメントが一般的です。

非常に利益率が高く原価率としては、販売額の5~30%程度が一般的です。売れれば非常に高利益の取れる商品ですが、マーケットリサーチをきっちりと行う必要があります。

オリジナルの商品を作る場合、自社での開発の場合は、少ないロットで生産をする事が可能ですが、化粧品やサプリのように製薬会社などライセンスの必要なメーカーに発注する場合は、初期に100万円程度まとめて発注する必要があり、売れないと大きな在庫リスクが発生します。

5.ノウハウを販売する。(情報商材ビジネス)

1~4については、物販など形のあるものを販売する内容ですが、ここでは、無形の商品の販売についてまとめています。

無形の商品の販売は、PDFや動画といたものにまとめて販売をする方法です。ある程度ビジネスなどの実績をつめれば、自分のノウハウを無形商品として販売が可能です。プログラムなどもこれにあたります。

一般的に無形商品は、在庫管理も不要で、欲しい人に宣伝をする事で、永遠に販売をする事が可能です。また、開発や製作コストは確かに発生しますが、複写製品である事から、仕入れゼロの商品ですので、売上げ=利益となるため一番利益の出やすい商品でもあります。もちろん売れる商品でなければなりません。

まとめ

インターネットを利用した商品の販売はこれからも右肩上がりの市場です。非常に単純なビジネスですが、奥深いのも特長です。

ここでは5つの通販ビジネスモデルを紹介いたしました。あなたにあったビジネスモデルからスタートしてみましょう。