ハーセリーズ

ハーセリーズでスポーツ遺伝子を調べる[遺伝子分析キット]

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア

ハーセリーズの遺伝子分析キットで、スポーツ遺伝子を調べてみませんか?




ハーセリーズではスポーツ遺伝子として次の3つが調べられます。

ACTN3遺伝子

速筋の新陳代謝を司る遺伝子(α-アクチニン3)α-アクチニン3の存在量によって3タイプに判定されます。長距離が得意なのか、短距離が得意なのかが判ります。

ACE遺伝子

この遺伝子は、血管を収縮させる物質を作り出すACEタンパク質の遺伝子です。ACEタンパクがよく働くタイプI/I型(1型)の人は、血管拡張能が高いため筋肉への栄養や酸素の供給に優れています。またD/D型(3型)の人は血管収縮能が高く、筋肉への栄養や酸素の瞬間的供給に優れています。運動に向いているかが判ります。

PPARGC1A遺伝子

この遺伝子は、筋肉内のミトコンドリアの生合成やその機能の調整において中心的な役割をPGC-1αたんぱく質です。PGC-1αの活性が高いほど運動および消費によりミトコンドリアが増殖します。ミトコンドリアが増殖することで、エネルギー産生量も高く保持されやすいため長時間にわたってより多くのエネルギーを必要とする運動に適しています。運動の持続性が判ります。



LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア

PR広告

-遺伝子検査