なた豆茶は蓄膿症や歯周病などに良いとされている健康茶です。

なた豆茶(Canavalia gladiata tea)

なた豆
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

なた豆とは

ナタマメ(Canavalia gladiata)は、アフリカや熱帯アジア地域原産のマメ亜科の一年草です。ナタマメは、形状から刀豆(トウズ、タチマメ、ナタマメ)、帯刀(タテハキ)などといわれていますが、正式和名としては鉈豆(ナタマメ)が正しいようです。また英語ではソードビーンズ(剣の豆)とも呼ばれているようです。

鞘の大きさとしては約25cmと巨大なもので、大きくなるものは、30~50cmもの大きさになる場合もあります。実は童話「ジャックの豆の木」のモデルとされている豆でもあるのです。

このナタマメは日本には江戸時代に清(現在の中国)から渡来して薩摩(現在の鹿児島あたり)にて栽培がはじまったと言われています。ナタマメは現在でも栽培されていますがに輸入比率が大きく大半は中国や中南米などから今も輸入されています。

ナタマメの用途

ナタマメは、もともと食用の用途や漢方薬として2パターンで利用されてきました。食用としてする場合、未成熟の若いさやを野菜として食べることが多く、漬け物や炒め物に食べる事が多いです。実は福神漬けの材料としても使われているもので以外と身近な野菜です。一方で薬効などで目的とした場合、完熟した豆部分を使用する場合が多いです。

ナタマメの効果、効能

ナタマメは、古来より漢方の生薬としての側面があり、血液浄化、血行促進、排膿、消炎などの効果が期待できます。その中で特筆すべき効能としては、排膿効果です。

身体の膿(うみ)は、様々な感染症と白血球が戦った後に残るものです。歯の歯周病、蓄膿症、そして痔瘻(じろう)などでは、しばしば膿が発生して不快な思いをする人も多いかと思います。そんな膿を素早く体外に放出する効果がナタマメにはある事で、「膿とりの妙薬」とも呼ばれています。

また明朝の本草学者である李時珍が編纂(へんさん)した「本草網目」でナタマメの効果について「腎を益し、元を補う」と紹介されています。ここで腎とは腎臓の事では無く生命エネルギーの源であり、病気に負けない免疫機能の強化を促す生薬とされています。

またコンカナパリンAと呼ばれているナタマメにしか存在しない植物レクチンが含まれておりT細胞のマイトジェン(細胞分裂促進)などの作用があります。

ナタマメの毒性

豆類全般に言えるのですが、なた豆にも毒性があります。コンカナバリンAカナバリンと呼ばれる有毒性アミノ酸やサポニン、青酸配糖体が含まれており、タカナタマメタチナタマメなどは毒性が強い事で食べる事が出来ません。そのためタカナタマメタチナタマメなどは、メッセージ缶として使用したりしてますので、絶対に食べないでください。

カナパリンは、アルギニンに類似した構造の成分で、アルギニンの機能を阻害する作用があり、アンモニアを蓄積するりを促します。そのため多くの昆虫がよりつかないため虫害が少ない植物でもあります。

また食べる事が出来るナタマメは、アカナタマメシロナタマメです。現在健康に良いとして使用されている、たな豆茶はアカナタマメやシロナタマメを使用しています。ただ粗悪なものは、アカナタマメシロナタマメを含有しているものがありますので、注意が必要です。

ナタマメを使ったオススメ商品

参考資料

なたまめ売れ筋ランキング(Amazon)

なたまめの効果・効能まとめ!健康にいいと噂の「なた豆茶」の成分とは?

なた豆茶のおすすめ人気ランキング10選【蓄膿症・口臭に効果的!美味しいと評判のものを厳選】

【比較レビュー】赤なたまめ茶の効能がすごい!1年間飲んでみた結果!

なた豆茶の蓄膿症・後鼻漏への効果がヤバすぎたから実体験を語る!

ナタマメ(wiki)