尿失禁は、加齢などが原因で、膀胱周りの筋肉が緩む事で発生する疾患で、男女ともに発生するが、女性の方が多い疾患です。

尿失禁(Urinary incontinence)

尿失禁
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

尿失禁とは

尿失禁(Urinary incontinence)は、40歳以上の女性の4割以上にあると言われている疾患で、自分の意志とは関係無く尿が漏れてしまう状態の事を言います。男女ともに腎臓、膀胱、とも違いはないのですが、尿道の長さが違う事と男性は前立腺が尿道の周囲にある事で、男性の方が引き締め率が高くなっているため女性に尿失禁がおこりやすいとされています。

尿失禁はそれだけでなく、頻尿、おしっこが出づらい、残尿感、いつみおしっこがしたいような違和感、蓄尿時の痛み、排尿時の痛み、神経障害による尿意の鈍磨があります。

排尿の異常には、尿失禁だけでなく、頻尿、おしっこが出づらい、残尿感がある、いつもおしっこがしたいような違和感、蓄尿時や排尿時の痛み、神経障害による尿意の鈍磨など、さまざまな症状があります。
それらの原因となる排尿機能の障害には、大きく分けると「蓄尿障害」と「排出障害」のふたつがあります。我慢できないでもれてしまうのが「蓄尿障害」による尿もれ、尿を出し切れなくて膀胱から尿があふれてもれてしまうのが「排出障害」による尿もれです。

悩んでいる人は、多いのですが、恥ずかしいので、病院などで診察を受けない人が多いのも事実です。ただ我慢せずに、病院の泌尿器科を受診する事が大事です。

実は、尿失禁には大きく4つの種類があります。 

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁は、日常の動きで起きやすい失禁で、重量物を持ち上げたとき、走ったとき、ジャンプした時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力がかかる行動をした時に尿が漏れて失禁してしまうものをいいます。腹圧性尿失禁は、女性の実に500万人以上が経験していると言われ頻度としては1回/週以上おこっているというデーターもあります。

加齢や出産などによって尿道括約筋を含む骨盤底にある骨盤底筋群が緩むためにおこると言われています。同様に過重労働や排便時の力み、喘息などによっても骨盤底筋を傷めるとも言われています。

切迫性尿失禁(UUI)

切迫性尿失禁は、尿意をもよおして、トイレに行こうとしたにもかかわらず、トイレまで我慢できずに、漏らしてしまうのを言います。

尿を我慢出来ないため、外出中や乗り物に乗ってるときなどどうしても排尿が出来ない時に失禁してしまう事で、外出も出来なくなってしまいます。これは脳血管障害などによって膀胱のコントロールが出来なくなってしまう事もありますが、多くの場合原因不明なものが多いです。また男性では、前立腺肥大、女性では膀胱瘤や子宮脱なども切迫性尿失禁の原因となります。

混合性尿失禁

腹圧性尿失禁、圧迫性尿失禁の両方を併せ持ちます。

過活動膀胱(OAB)

過活動膀胱(OAB)は、尿の回数が多い、急に尿意をもよおして、我慢出来ない、我慢出来ずに漏らすなどが発生する疾患で、少量でも膀胱に溜まると強い尿意を感じるため、夜中に何度でも尿意を感じる事になる。

溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

溢流性尿失禁は、男性に多い疾患で、前立腺肥大症などが原因となって、自分で尿を出したいのに出せないという状態になります。同時に尿が少しずつ漏れるという現象があらわれます。また直腸癌、子宮癌の手術によって膀胱周囲の神経機能が低下する事でも発生します。

機能性尿失禁

機能性尿失禁は、認知症や身体的機能の低下によって発生する疾患です。排尿機能は正常でも、歩行機能が困難でトイレまでたどり着くことが出来ないで、失禁してしまう。また認知症のため、トイレで排尿が困難がこれにあたります。介護などが必要になる状態です。

尿失禁の原因

加齢

加齢によって膀胱周囲の筋肉が緩む事で、腹圧がかかったりする事で尿失禁になります。ただ、男性の場合、加齢によって前立腺肥大の傾向があるため尿道が狭窄し、尿が出にくくなる事があります。特に男性の場合尿道が折れ曲がっているため、尿道球部の処に尿が残り、排尿後に無意識に垂れたりする。

出産

出産でも膀胱の周囲の筋肉が緩む事で、尿失禁になります。

糖尿病

糖尿病神経症によって尿が出しずらい状態になり、それが原因で尿失禁に繋がる場合があります。男性では、前立腺肥大、女性では骨盤臓器脱を併発する事が多いという。これは薬の投薬や外科手術によって治療が可能といわれています。

緊張など精神的な問題

緊張すると尿が近くなる経験をする人も多いでしょう。不安や緊張など精神的ストレスから尿が出なくなったり、頻尿や尿失禁が発生したりします。

喫煙

喫煙も生活習慣が原因となる尿失禁の原因となるものです。

飲酒

飲酒も利尿作用があるため、尿失禁の原因となるものです。

カフェインの大量摂取

コーヒーなどカフェインの大量摂取は、尿失禁につながると言われています。

便秘症

便秘症の場合、排便のために力む事が多くなり、それによって骨盤底筋を緩ませる原因になって、尿失禁となる(腹圧性尿失禁)

肥満

肥満によって、腹圧が強くになる事で、尿失禁になるケースがあります。(腹圧性尿失禁)

尿失禁の予防と対策

骨盤底筋訓練

尿道のまわりの外尿道括約筋、骨盤底筋群を強くする。(腹圧性尿失禁)

骨盤底筋体操のやり方

  1. 仰向けに寝て足を肩幅に開き、両膝を曲げてたてて身体の力を抜く
  2. 尿道・肛門・膣をきゅっと閉めたり、緩めたりを2~3回繰り返す。
  3. ゆっくりとぎゅっと締め、3秒間停止し、ゆっくりと緩めるこれを2~3回繰り返す
  4. 引き締める時間を延ばしていく
  5. 1回目は、5分程度から初めて、10~20分まで伸ばしていく。

これを行うことで、膀胱部分の筋肉を強くさせます。これは3ヶ月程度行う事で、ある程度は改善が見込めるとの事です。

減量(ダイエット)をする。

急激に体重増加は、尿失禁の原因となる事があるため、ダイエットも有効です。(腹圧性尿失禁)

外科手術

TVT手術またはTOT手術によって尿道支える手術を行う(腹圧性尿失禁)

TVT手術

中部尿道にあたる場所である膣口の入り口付近を2cm切開して、尿道を剥離して、専用のキットを使って膣から下腹部へポリプロピレン製のテープを通して尿道を支える手術様式

TOT手術

ポリプロピレン製のテープを閉鎖孔に通す方法で、TVT手術よりも出血量も少なく、術後に発生する膀胱穿孔、排尿困難なども少ないとされています。ただ疼痛が起こる可能性があります。失禁防止成功率でいえば、80~90%で、TVT手術と同様です。

投薬治療

抗コリン薬、β3(ベータースリー)受容体作動薬などを投与する。(切迫性尿失禁)

膀胱訓練

尿意があっても少しがまんする膀胱訓練を行う(切迫性尿疾患) 

背骨の歪みによる神経伝達疾患を治す

病院などで原因が特定出来ないものの80~90%は、神経圧迫が原因とされています。神経圧迫の多くは背骨の歪みが原因とされ、歪みによって、脳から各臓器への指令が伝わらない事で各臓器の機能不全になります。そのため背骨の歪みを取る事で、疾患が改善します。

そのため背骨の歪みを取り除く事で、成人病循環障害呼吸系疾患慢性疲労神経衰弱便秘膀胱炎尿失禁腰痛筋肉痛ストレス不安感不眠症胃潰瘍吐き気、飲み過ぎ、胃酸過多、下痢、心臓病、動脈硬化、高血圧、心不全、肺疾患、免疫力低下、鼻炎、蓄膿症、炎症、風邪、疲労感、腸炎、過敏性大腸症候群、消化障害、集中力低下、学習障害、うつ(鬱)病、睡眠障害、物忘れ、内臓気力損傷、肝機能弱化、胸がすっきりしない、肥満、糖尿病、腹部肥満、肝脂肪、心血管障害などの疾患の治療が可能と言われています。

脊椎セラピーと呼ばれる方法で、改善した人のレビューはこちらから

まとめ

尿失禁は、生命に直接影響するわけでないため、恥ずかしいと考える事で病院などで診察などを行わずに隠している場合もありますが、尿失禁の種類や程度によって、様々な治療法があります。

そのため困ったなと思ったら躊躇せずに、病院の泌尿器科などで、早めの診断治療をオススメします。

参考資料

尿が漏れる・尿失禁がある

尿失禁の原因、症状と分類

尿失禁について

尿もれ・失禁の治療方法は原因に合わせて選びます。

尿が漏れる(尿失禁・尿漏れ)