不安感は、身体と心のバランスが崩れたときの症状のひとつで、食事や生活スタイル、病気など外的な要因も多く、生活スタイルなどの改善が必要です。

不安感(Sense of anxiety)

不安感
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

不安感とは

不安感(Sense of anxiety)は、どきどきして心細い、気持ちが落ち着かないなどの誰もが感じる感情の一部の事をいいます。

一般的に、初対面の人と会うときや試験前など、心配事があったりするのは病気では無く正常な状態で、原因が無くなる事で、その症状も消えてしまいます。

実は、問題となる不安感とは、理由が無いのに「落ち着かない」「どきどきして心細い」などの症状がおこる事です。これらの理由のわからない不安感は、何らかの精神的、身体的な問題がある可能性があります。

一般的な不安感の症状としては、

  • どきどきする
  • 胸がしめつけられる
  • 息が苦しい
  • 冷や汗が出る
  • 身体が震える
  • ふらふらする(めまい感)
  • 手足が痺れる
  • 脱力感がある。
  • 眠れない
  • 頭痛がある

などの症状がでると言われています。

これらは、交感神経や副交感神経などの自律神経が密接に関係していると言われています。
この不安感にも様々な症状があり、突然胸がどきどきする、脈が速くなる、胸が苦しさ、息苦しい、めまいなど急に発生する症状の事をパニック障害といいます。また継続して発生する事で、また不安が生じるのではと思って湿性する予期不安や場所や状況などに不安を覚える広場恐怖などがあります。

また、高所、閉所、動物、暗闇など特定の対象について不安感を覚えるものを恐怖症と呼びます。

そして、パニック障害のように一時的なものでは無く慢性的に発生する不安感の事を全般性不安と呼びます。精神的な不安感に属する精神疾患に強迫性障害PTSDなどがあります。

薬物の乱用や薬物の離脱時にも不安感が出るため、精神科や心療内科などの医師に診察を受ける場合は薬物の服用履歴等は違法薬物であったとしても話す必要があります。なかでも不安感はうつ病総合失調症などに発展するケースもあります。うつ病の場合、集燥感(いらいら、あせり)、苦悶(くるしい)、罪責感、絶望感などがあり、総合失調症の場合妄想気分、被害妄想、幻聴など精神的な不安感を体験するようです。

病気や怪我に対する不安感から来る心気症(身体表現障害)やストレスに対する不安感から来る適応障害などは、うつ病と混同されるのですが、非常に多い症状です。

また子供が愛着のある肉親などから引き離される事で強い不安感を生む分離不安障害などもあります。

不安感の原因

不安感については、身体的な疾患が原因で発生する事が多いです。

内分泌疾患

甲状腺機能亢進症、低血糖など

心血管症、呼吸器系疾患

心不全肺塞栓症不整脈慢性閉塞性肺疾患(COPD)

神経系疾患

前庭機能不全、心不全、肺炎

薬物中毒

カフェイン、覚醒剤、その他違法薬物、アルコール

離脱症状

鎮静剤、睡眠薬、抗不安薬などを急に止めたときに生じる

 

原因は身体疾患や物質によるものです。定期的に検査、診断してもらうことが大切です。場合によっては、直接命にかかわってくる原因や症状があるからです。

不安感の予防と対策

食事

食事は、身体を作り出す非常に大事なもので、身体と心のケアには食事のバランスは絶対的に必要です。ただ不安感のように心に起因する場合特にとった方が良いものを紹介します。但しそればかり食べてはいけません。

チョコレート

チョコレートには、カカオポリフェノールと呼ばれる成分が含まれます。カカオポリフェノールには血管拡張機能があり、高血圧や動脈硬化、便通の改善、脳の活性化などの効果があります。

不安症の多くは、脳への血流不足によるもののため、改善を促す食べ物です。

しかし、糖質が多いものですので、出来るだけカカオ分の多い75%以上のダークチョコレートなど出取る事ょオススメします。

緑茶・むぎ茶

不安症は、交感神経が常に優位となってしまう事で、重症化しますので、コーヒーなどのカフェインの多い飲み物は避けた方が良いです。コーヒーは一杯150mLあたり60mgのカフェインが含まれていますが、緑茶やほうじ茶には、20mg程度のカフェインしか含まれていません。一方で、玉露などは、160mgも含まれていますので同じお茶といっても注意が必要です。

むぎ茶などは、カフェインは、入っていませんのでカフェインの取り過ぎと思ったら麦茶なんかも良いですね。

野菜・果物を多く食べる。

野菜や果物には、抗酸化物質といわれる身体の酸化を取り除く成分が多く含まれています。抗酸化物質の中で特にカロテノイドと呼ばれる赤や黄色の色素には強い抗酸化作用があります。抗酸化物質は、体内の活性酸素ほ中和する力があり、不安症の原因である身体的な疾患に対して効果が期待できます。

またカロテノイドを多く食べていると心が落ち着くといったデーターもあります。

良質のタンパク質を取る

不安感がある場合、脳のコントロールがうまくいっていない事がありますが、そのコントロールに使用されるのが、セロトニンと呼ばれる脳内ホルモンです。このセロトニンの材料となるのが、アミノ酸やトリプトファンと呼ばれるもので、鶏肉、カツオ、マグロ、卵、牛乳、豆腐などに含まれているものです。

オメガ3脂肪酸を多く取る

オメガ3脂肪酸には、不安感を取り除く効果があると言われており、オメガ3脂肪酸を多く含む、鮭などは、トリプトファンやカロテノイドのひとつであるアスタキサンなども含まれており、最適の食材です。

生活の改善

不安感を身体を整えるホルモンの影響も大きい事から、早寝、早起きをして規則正しい生活をする事が大事です。

人は夜ににきちんと寝ることや、起きた時に太陽を浴びる事で、身体のリズムを整える事ができます。

適度な運動をする。

適度な運動と言っても、朝の体操したり、散歩をしたりといった簡単な事でもOKです。不安感からくるうつ病なんかでは、外に出るのがおっくうになってしまいますが、適度に身体を動かす事で、身体も楽になりますし、不安感の解消に役に立ちます。また普段から運動をすると、心的ストレスにも強くなる事で、不安感等がおきにくくなります。

飲酒をし過ぎない

アルコールは不安感の解消には手軽ですが、長期手名飲酒は、逆に不安症をひきおこす原因となります。そのため飲み過ぎ等は注意が必要です。

薬物療法

心療内科やメンタル科など病院によって言い方がかわりますが、病院で専門の医師の診察を受けて、セロトニン、ドーパミンなどの機能障害に対する薬の処方を受ける。食事などでホルモンのコントロールが出来ない場合、医師の診察を受けて薬を処方される事で、劇的に改善する場合があります。

また同様にカウンセリングを受ける事で、心のバランスが取れて改善するケースもあります。

背骨の歪みによる神経伝達疾患を治す

病院などで原因が特定出来ないものの80~90%は、神経圧迫が原因とされています。神経圧迫の多くは背骨の歪みが原因とされ、歪みによって、脳から各臓器への指令が伝わらない事で各臓器の機能不全になります。そのため背骨の歪みを取る事で、疾患が改善します。

そのため背骨の歪みを取り除く事で、成人病循環障害呼吸系疾患慢性疲労神経衰弱便秘膀胱炎尿失禁腰痛筋肉痛ストレス不安感不眠症胃潰瘍吐き気、飲み過ぎ、胃酸過多、下痢、心臓病、動脈硬化、高血圧、心不全、肺疾患、免疫力低下、鼻炎、蓄膿症、炎症、風邪、疲労感、腸炎、過敏性大腸症候群、消化障害、集中力低下、学習障害、うつ(鬱)病、睡眠障害、物忘れ、内臓気力損傷、肝機能弱化、胸がすっきりしない、肥満、糖尿病、腹部肥満、肝脂肪、心血管障害などの疾患の治療が可能と言われています。

脊椎セラピーと呼ばれる方法で、改善した人のレビューはこちらから

参考資料

不安・緊張 ~気持ちが落ち着かない・どきどきしてこころ細い~

不安感について

全般性不安障害

『全般性不安障害』と『社会不安障害』 | 武田病院

不安神経症(パニック症候群・パニック障害)