筋肉痛は、一般的に激しい運動によって発生する筋肉の損傷によって発生するもので、時間とともに軽減しますが、疼痛のように継続する場合は重度の疾患それらに対する、原因と対策

筋肉痛(Myalgia)

筋肉痛
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

筋肉痛とは

筋肉痛(Myalgia)は、誰でも経験した事があると思いますが、筋肉痛の事を真剣に考えた事はあるでしょうか?ただ、医学的には、筋肉痛のメカニズムについては、残念ながら判っていません。ただ、可能性の高いものをご紹介していきます。

筋肉痛の原因として乳酸と思っている人が未だに多いですが、実際は違います。筋肉痛は、筋肉を激しく動かしたときに、傷ついた筋繊維が、修復する時に炎症を伴いますが、炎症によって発生する発痛物質が筋膜に到達する事で、痛みとして感じているのです。

また、筋肉痛は、大きく2つの種類が存在しています。

即発性筋痛

運動をした直後や運動中に発生する筋肉痛で、筋肉が熱を持って時には重く感じるものです。また長時間同じ姿勢で座っている事でも発生すると言われています。

遅発性筋痛(Delayed Onset Muscle Soreness)

一般的に言われている筋肉痛は、ほとんどがこの遅発性筋痛の事をいい。運動して数時間や数日してから、痛みが発生するものの事をいいます。

筋肉痛の原因

激しい運動による筋肉痛

筋肉痛の原因としては、以前は、筋肉の活動で発生する乳酸が原因物質とされていましたが、筋肉や筋繊維が運動によって損傷する事で回復時に炎症をおこす事で痛みが発生すると言われています。

筋肉が炎症をおこすと刺激物質として、ブラジキニンヒスタミンセロトニンプラスタグランジンなどが発生して、これらの発痛物質が筋膜に到達すると痛みが発生すると言われています。

特に重い荷物を下ろすような動きや階段を降りる運動などのエキセントリック(伸張性)運動を行うと筋肉痛になりやすいと言われています。

今まで発痛物質と呼ばれていた乳酸は、疲労回復のために使用されていると言われています。筋肉に無酸素運動によって、筋肉に高負荷を与えると、乳酸が発生します。一方で、有酸素運動をする事で、乳酸もエネルギーとして使用されている事から実際乳酸が筋肉に長時間残る事はありません。

また、激しい運動による負荷による損傷が発生以外には、外傷などでも同様の事が発生しています。

感染症による筋肉痛

病原体による感染でも筋肉痛が発生する事が判っています。インフルエンザ、ライム病、バベシア症、マラリア、トキソプラズマ症、デング熱、出血熱、筋肉腫瘍、コンバートメント症候群、ポリオ、ロッキー山紅斑熱、旋毛虫(回虫)、エボラ出血熱などが原因で、筋肉痛が発生します。

薬物摂取による筋肉痛

高脂血症の治療に使用されるフィブラートやスタチンなどは、副作用として特異的な筋組織の破壊して横紋筋融解症と呼ばれている筋細胞内の成分が筋肉に流れ出る病気のリスクが発生します。また、降圧剤として使用されているACE阻害剤、麻薬のコカイン摂取、いくつかのレトロウイルス薬の摂取などに筋肉痛が発生するリスクがあります。

自己免疫疾患による筋肉痛

免疫疾患である、混合性結合組織病、全身性エリテマトーデス、リウマチ性多発筋痛、多発性筋炎、皮膚筋炎、多発性硬化症などでも筋肉痛が発生します。

神経疾患による筋肉痛

慢性的な筋肉痛の場合、一般的に言う疼痛のような場合があります。筋肉の損傷のように外傷は無く痛みの原因が不明な場合、神経の興奮等などの原因の可能性があります。

筋肉痛の予防と対策

運動による筋肉痛

運動による筋肉痛は、筋繊維が損傷し、超回復する時に痛みとして発生するため筋肉痛を防ぐ事は、残念ながら出来ません。ただ、普段から継続して運動をして筋肉鍛えている事で、筋細胞内に毛細血管が発達している事で、回復スピードが早い事で、筋肉痛を防ぐ事が出来ると言われています。

病気や薬物による筋肉痛

病気が原因の場合その疾患が回復する以外に痛みを取り除く事が出来ません。また投薬による筋肉痛はその投薬をやめる事で軽減します。ただ止める事が出来るかは医師と相談してください。

背骨の歪みによる神経伝達疾患を治す

病院などで原因が特定出来ないものの80~90%は、神経圧迫が原因とされています。神経圧迫の多くは背骨の歪みが原因とされ、歪みによって、脳から各臓器への指令が伝わらない事で各臓器の機能不全になります。そのため背骨の歪みを取る事で、疾患が改善します。

そのため背骨の歪みを取り除く事で、成人病循環障害呼吸系疾患慢性疲労神経衰弱便秘膀胱炎尿失禁腰痛筋肉痛ストレス不安感不眠症胃潰瘍吐き気、飲み過ぎ、胃酸過多、下痢、心臓病、動脈硬化、高血圧、心不全、肺疾患、免疫力低下、鼻炎、蓄膿症、炎症、風邪、疲労感、腸炎、過敏性大腸症候群、消化障害、集中力低下、学習障害、うつ(鬱)病、睡眠障害、物忘れ、内臓気力損傷、肝機能弱化、胸がすっきりしない、肥満、糖尿病、腹部肥満、肝脂肪、心血管障害などの疾患の治療が可能と言われています。

脊椎セラピーと呼ばれる方法で、改善した人のレビューはこちらから

参考資料

実は知らない筋肉痛! なぜ起こる? どうすれば治る? 予防する方法は?

筋肉痛の時に筋トレをしてもいい?超回復との関係は?

筋肉痛の症状・原因

筋肉痛(wiki)

筋肉痛の予防と治す方法