消化不良は暴飲、暴食やストレスをはじめ、薬物、細菌など様々な原因によって発生するが、そのままにしてしまう事が多く、病院で診察をした時は重症化している事の多い疾患です。

消化不良(Indigestion)

消化不良
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

消化不良とは

消化不良(Indigestion)は、一般的に胃もたれや食用不振などを伴っている疾患で、上腹部の痛み、膨満感、差し込む用な痛みなどがあるもので、あまり病院に行くと言う事は無くそのまま、様子を見るという人が多い病気です。

  • 食後に胃もたれや吐き気がでる。
  • みぞおちのあたりがきりきりと痛む事がある。
  • 最近食欲がわかない事が多くなり体重が減ってきた

などがあり、長期的な消化能力が低下すると、食欲不振、胃痛、腹痛、嘔吐(おうと)、下痢(げり)、鼓腸などが発生する。また重症化すると、意識衰弱、心衰弱などの中毒症状に発展する場合もあります。

こんな事があった場合は、もしかしたら大きな病気の可能性があります。消化不良を伴った、病気をご紹介します。

急性胃炎

急性胃炎は、一般的に飲み過ぎ、食べ過ぎ、薬の副作用など様々な原因によって胃の粘膜にただれや出血が発生する事で痛みが出るものです。

みぞおちのあたりが痛むような胃痛の他、嘔吐や吐血が出る事もあります。

慢性胃炎

慢性胃炎は、長期間にわたって胃炎が続くものです。長期的な原因としては、一般的に原因はヘリコバクター・ピロリ菌の感染の可能性が高く、胃液に対して強い耐性があるピロリ菌は、胃の粘膜を長期間かけて痛め続けます。

機能性ディスペシア

機能性ディスペプシアは、食後の胃もたれ、早期膨満感、胃痛、胃もたれ、吐き気、食欲不振などのがおこるが、胃カメラなどで確認しても、潰瘍や炎症などの異常が見つからない疾患です。

吸収不良症候群

吸収不良症候群は、胃、十二指腸、小腸、膵臓、肝臓、肝臓、胆道など消化吸収に係わる臓器の異常によって消化吸収をする働きが低下する病気の総称で、下痢、体重減少、倦怠感などの症状が発生します。

また、息切れ、発汗、心拍数の増加、食欲不振、吐き気、嘔吐、体重減少、血便、嚥下困難(飲み込むのが難しい)などがある場合は警戒が必要なため早めに病院に行く必要があります。

消化不良の原因

食べ過ぎ・飲み過ぎ

飲み過ぎや食べ過ぎなどの暴飲暴食は、胃に負担をかけると胃酸の分泌の乱れによって膵臓の機能低下などを引き起こし、消化不良の原因となります。

乳幼児などは、食事の与え方を間違える事で、発熱、昏睡(こんすい)、などの中毒症状を伴う場合もあります。

ストレスや疲労による消化不良

ストレスは、自律神経の乱れによって、胃腸の働きが悪くなり、消化不良の原因となります。また精神的な不安がある事で、異常な感じや不快感によって消化不良が発生する場合は、自律神経の異常が原因による場合があります。

辛いものやカフェインなど刺激物の取りすぎ

辛いものやカフェインは胃の粘膜に刺激となる事から、取り過ぎる事で、消化不良の原因になります。また、ビスホスホネート、エリスロマイシン、鉄剤、非ステロイド系抗炎症薬などの刺激性の薬などの影響で消化不良となる。

有毒物、腐敗物の誤飲、誤植

有毒物や腐敗物を誤飲、誤植する事で、食道や胃腸などを傷つけてしまい、それによって、正常な働きが出来なくなり、消化不良となる。

タバコの吸い過ぎ

タバコを吸うと、血管が収縮しますが、胃粘膜の血流も低下する事で、消化能力が低下して、消化不良に繋がります。

細菌感染

病原性大腸菌などの感染が原因で、腸炎を引き起こし、糖、タンパク質の消化異常がおこり消化能力が損なわれた状態で、腹部膨満感、腹痛、胸焼け、放屁などを伴います。また下痢または不消化便をがテル場合があります。小腸が機能性障害が発生する事が多く、急性の場合胃・大腸の障害を伴う事が多い。糖の消化異常の場合は、発酵性、タンパク質消化異常の場合は、腐敗性の消化不良となっている。また乳幼児の場合、乳児下痢症などになる場合もあります。

消化液不足

肝臓・胆道の疾患(肝炎、胆石、閉塞性黄疸)や膵臓疾患(膵炎)、胃の切除(胃が無いためそもそも胃酸・胃液が出ない)などによって消化吸収不良が発生している。

アカラシア

アカラシアは、食道のリズミカルな収縮が著しく減少し、下部食道の筋肉が正常に弛緩しなくなる病気です。

胃内容排出の遅れ

糖尿病、結合組織疾患、神経疾患などによって、消化管につながる神経に影響を与え、食べ物が胃の中に留まって、小腸に流れない現象

その他の原因

風邪、肺炎、中耳炎、暑さ、なども消化不良などの原因となる場合もあります。心臓発作、不安定狭心症などは、胸痛ではなく、消化不良を感じる場合があります。またがん(胃がん、または食道がん)の可能性がある。

消化不良の予防と対策

飲み過ぎ、食べ過ぎ

飲み過ぎや食べ過ぎが原因で消化不良がおこった場合、お酒を控えたり、脂肪分の多いものや刺激物を避け、消化の良いもの食べて胃を休める事が大事です。また、胃に負担をかけないように早食いをせずにゆっくりと良く噛んで食べる事が大事です。

刺激物を食べた場合

刺激物を食べた場合は、飲み過ぎ、食べ過ぎと同様に胃を休める事が大事で、胃に負担のかかるものを避けるようにしましょう。

自律神経の安定化

胃腸の働きは、自律神経に影響を1番受けやすい場所で、自律神経を整えるために、規則正しい睡眠、食事をする事で、自律神経の乱れを正すようにしましょう。またストレスを軽減するような生活をおくる事が大事です。

禁煙をする

タバコは胃痛とは直接関係ないと思いがちですが、消化不良に関係しているため、禁煙が効果的な場合があります。ただ、自分の意志でやられない場合は、医療機関などで、禁煙外来などで相談するのもひとつの方法です。

胃腸薬を飲む

食事療法で改善を視しない場合は、健胃剤などの胃腸薬を飲むことで改善する事が出来る。ピロリ菌などの菌由来であれば、抗菌剤などを投与する必要がある。

背骨の歪みによる神経伝達疾患を治す

病院などで原因が特定出来ないものの80~90%は、神経圧迫が原因とされています。神経圧迫の多くは背骨の歪みが原因とされ、歪みによって、脳から各臓器への指令が伝わらない事で各臓器の機能不全になります。そのため背骨の歪みを取る事で、疾患が改善します。

そのため背骨の歪みを取り除く事で、成人病循環障害呼吸系疾患慢性疲労神経衰弱便秘膀胱炎尿失禁腰痛筋肉痛ストレス不安感不眠症胃潰瘍吐き気、飲み過ぎ、胃酸過多、下痢、心臓病、動脈硬化、高血圧、心不全、肺疾患、免疫力低下、鼻炎、蓄膿症、炎症、風邪、疲労感、腸炎、過敏性大腸症候群、消化障害、集中力低下、学習障害、うつ(鬱)病、睡眠障害、物忘れ、内臓気力損傷、肝機能弱化、胸がすっきりしない、肥満、糖尿病、腹部肥満、肝脂肪、心血管障害などの疾患の治療が可能と言われています。

脊椎セラピーと呼ばれる方法で、改善した人のレビューはこちらから

まとめ

消化不良は、初期症状では、あまり病院に行く事がない疾患ですが、原因は多岐にわたり、単なる食べ過ぎから細菌、ウイルスなどが原因のため早めの治療が必要なものです。軽視しがちな疾患ですが、早めに病院などで診断してもらう事で、原因が特定できる可能性があります。

参考資料

消化不良

消化不良(コトバンク)

消化不良(MSDマニュアル)

身近な胃の不調対策(胃腸の健康)

悩みと助言(静岡がんセンター)