胃潰瘍は、40~50代に見られる胃痛を伴う疾患で、一般的に生活習慣が原因とされているが、最近では、大半の胃潰瘍はピロリ菌と呼ばれる細菌が原因とされています。

胃潰瘍(Gastric ulcer)

胃潰瘍
出典無料写真素材なら【写真AC】

胃潰瘍とは

胃潰瘍は、40代~50代に多く見られる疾患で、胃酸によって胃粘膜の下にある筋層まで傷が付く状態の事をいいます。

胃潰瘍の症状としては、食事中や食後に心窩部(しんかぶ)痛(みぞおちの痛み)があり、みぞおちから左にかけて鈍い痛みが出るケースが多いです。食後時間が経過すると背中に痛みが起こり、軽食を取ると軽快する傾向があります。

場合によって、全く痛みを感じない人もいます。また胸焼けやすっぱいゲップ、吐き気などを感じるケースもあります。ただ、胃潰瘍の増悪期には、食後や空腹時を問わず痛むことがあります

また症状が悪化すると、黒褐色の血を吐いたり、コールタールのような黒い便が出る場合があります。その場合胃の内部で出血している可能性があります。高齢者では胃潰瘍の出血が、心筋梗塞や狭心症の引き金になることもあります。

胃潰瘍には、急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍の2つがあります。

急性胃潰瘍

浅い不整形の潰瘍やびらんが多発する症状です。

慢性胃潰瘍

円形で単発する傾向があり、早期に治りますが、再発を繰り返す事があります。

胃潰瘍の原因

一般的に胃潰瘍の原因として、アルコール飲料、香辛料、塩辛い物、甘い物などの過剰摂取や不規則な生活習慣、過度のストレスなどが原因とされています。

ヘリコバクター・ピロリ

ストレスや暴飲暴食による原因とされていた胃潰瘍の原因の大半が20世紀後半に、ヘリコバクター・ピロリ菌と呼ばれる細菌が深く関わっている事が判明しました。

一般的にピロリ菌と呼ばれているもので、胃の中に長期間住み着いており、胃潰瘍以外にも十二指腸潰瘍、胃がんなどの大きな原因とされているもので、除菌処理によって処理する事が出来ます。

NSAIDs潰瘍

NSAIDs潰瘍は、一般的に薬物性潰瘍と呼ばれているもので、鎮痛薬のNSAIDs(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs:非ステロイド系消炎鎮痛薬)を長機関服用する事で、胃潰瘍にケースがあります。

NSAIDsは、慢性関節リウマチ、骨関節疾患、脳梗塞、心筋梗塞の治療薬として使用されるものですが、長期間服用する事で、胃潰瘍になる場合があります。このリスクは服用していない人と比較して10倍と言われています。

また服用タイプでは無く、座薬タイプでも同様の炎症がおこりますので、薬自体に注意が必要です。

胃潰瘍の検査

胃潰瘍は、バリウム検査や内視鏡検査などで潰瘍の有無の確認をします。胃潰瘍の場合がん化する場合もあるため、がん細胞が無いかを検査する必要があります。がん細胞が無ければ一般的に胃潰瘍の治療となります。

胃潰瘍の対策

生活習慣の改善

ストレスや過労

ストレスや過労は、仕事関係や友など人間関係が起因しているケースが多いです。仕事を変えたり、住まいを変えるなどが、有効です。

禁酒・禁煙

飲酒やタバコはストレス軽減にも繋がりますが、胃腸への負担にはなるものです。胃潰瘍の場合は調整する必要があります。

食事を気をつける

焼肉などの脂肪分の多い食品、香辛料の強い食品、コーヒーなどの交感神経を高める食品は、胃への負担が多いものです。胃潰瘍の場合は避ける方が良いたべものでもありますので避ける事をオススメします。

食物繊維の多い、さつまいも、ごぼう、はす、タケノコ、フキ、こんにゃく、きのこ、海藻などは、胃潰瘍が治るまで、避けるべき食物となっています。

そのため胃に負担がかかりにくい、おかゆなど消化に良いとされるものを食べましょう。また良く咀嚼する事も有効です。

薬物療法

一般的に薬物量としては、胃酸分泌抑制薬や胃粘膜保護薬を使用します。

胃酸分泌抑制剤はH2ブロッカーと呼ばれるシメチジンファモチジンプロトン阻害薬と呼ばれるランソプラゾール、オメブラゾールなどの投薬があります。また胃粘膜保護薬としては、スクラルファートレバミビドなどが使われます。

胃の殺菌

ピロリ菌に感染している場合は、専用の胃の殺菌剤があります。これを制酸剤とともに服用する事で、ピロリ菌を減少させる事で、胃潰瘍の再発率を大幅に減らせます。ただ、完治した後も制酸剤などを継続して飲み続ける必要があります。

また、LG21などの乳酸菌ヨーグルトは、空腹時に食べ続ける事で、31日の被験者のうち87%が予想を上回る効果があり、3人は除菌に成功したと言われています。完全では無いが効果があるとの事です。

また、ウーロン茶、紅茶、ココアにもピロリ菌の除菌効果があると言われています。特にココアの除菌効果が高いと言われています。

手術

胃潰瘍でも出血性の場合は手術が必要になります。病院や症状で異なるようですが、最近は開腹手術よりも内視鏡を使用した、止血法が広く使用されています。胃に穴が空いてしまった場合は手術になってしまいます。

背骨の歪みによる神経伝達疾患を治す

病院などで原因が特定出来ないものの80~90%は、神経圧迫が原因とされています。神経圧迫の多くは背骨の歪みが原因とされ、歪みによって、脳から各臓器への指令が伝わらない事で各臓器の機能不全になります。そのため背骨の歪みを取る事で、疾患が改善します。

そのため背骨の歪みを取り除く事で、成人病循環障害呼吸系疾患慢性疲労神経衰弱便秘膀胱炎尿失禁腰痛筋肉痛ストレス不安感不眠症胃潰瘍吐き気、飲み過ぎ、胃酸過多、下痢、心臓病、動脈硬化、高血圧、心不全、肺疾患、免疫力低下、鼻炎、蓄膿症、炎症、風邪、疲労感、腸炎、過敏性大腸症候群、消化障害、集中力低下、学習障害、うつ(鬱)病、睡眠障害、物忘れ、内臓気力損傷、肝機能弱化、胸がすっきりしない、肥満、糖尿病、腹部肥満、肝脂肪、心血管障害などの疾患の治療が可能と言われています。

脊椎セラピーと呼ばれる方法で、改善した人のレビューはこちらから

胃潰瘍の予防

胃酸の過剰な放出を防ぐために、胃に負担をかけない食事を心がけることが大切です。食べすぎ、飲みすぎやタバコの吸いすぎに気をつけてください。また、お薬の中には胃粘膜を傷害するものもありますので、主治医や薬剤師の先生に相談ください。

参考資料

[胃潰瘍]胃潰瘍とは | エーザイの一般生活者向けサイト – Eisai.jp

胃潰瘍|オリンパス おなかの健康ドットコム

ピロリ菌から胃潰瘍に?

まだストレスが原因だと思っていませんか? 胃潰瘍(いかいよう) |カラダの豆事典

胃潰瘍の人の食事 – 公益社団法人 千葉県栄養士会