膀胱炎は、女性に多い疾患で、排尿時の痛みや出血などを伴う病気で、一般的に大腸菌やブトウ球菌などの感染によって発生する疾患です。

膀胱炎(cystitis)

膀胱炎
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

膀胱炎とは

膀胱炎(cystitis)は、原因が異なり、実際の症状の異なる膀胱炎があります。膀胱炎は、排尿感が悪くなるような自覚症状がでますので、早めに病院で尿検査をする事が大事です。尿検査をして雑菌の種類、菌の数、白血球の数などを測定して重度を確認する事が出来ます。そして、膀胱炎を放置していると、腎臓にも感染して重症化して発熱を伴う危険がある病気です。

また、免疫力の強い20~30代の女性にも多い疾患で、また原因によって種類が異なるため次に紹介いたします。

急性(単純性)膀胱炎

一般的に膀胱炎という場合は、この急性(単純性)膀胱炎の事を指す場合が多いです。急性(単純性)膀胱炎は、頻尿などがあったり、排尿の最後で痛みを伴ったり、残尿感がある一方で、発熱等などはおきません。特に性的活動の多い女性に多い病気です。また悪化すると腎盂腎炎や腎不全などになります。

膀胱炎の原因菌の約80%が大腸菌と言われており、身体の構造上女性は、肛門と膣、尿道が近い事で、膀胱炎になりやすいと言われています。

複雑性膀胱炎

複雑性膀胱炎は、他の病気が原因だったり、病気の治療に使用している薬剤が原因だったり複合した原因が重なる事で発生する膀胱炎です。

原因となる疾患については、尿管結石、糖尿病、膠原病、がんなどがあります。また抗がん剤治療やステロイド投与中などにも発生します。また尿道にフォーリーを入れる時に発生する事もあります。

共通しているのは、尿中に雑菌がいますが、自覚症状はあまり無く治療も一般的に必要無いと言われています。ただ重症化すると腎炎や敗血症といった重度の疾患に繋がるため注意が必要です。原因となっている疾患の治療を優先する必要があります。

出血性膀胱炎

尿検査をしても雑菌、膿が無いのに、血尿が発生する膀胱炎で、ウイルス、アレルギー、がん、投薬の副作用、放射線治療など原因は、多岐にわたっています。排尿時に痛みや残尿感があり場合によって尿道に血液の塊が詰まる事があるため、尿道管を入れて膀胱を洗浄したり、硝酸銀やミョウバンで出血を止めたりする必要があります。最後は、外科手術が必要になる場合があります。

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎は、原因が未だに判っていない膀胱炎で、患者の9割が女性です。他の膀胱炎とは異なり、尿が溜まっていくと痛みが大きくなり、排尿すると痛みが減少するもので、膀胱の壁に尿が浸透する事で炎症が発生する疾患です。細菌も関与しないため、抗生剤も効果はありません。症状を抑えるため抗アレルギー剤、抗うつ剤、漢方薬などを使用しますか゛根本的な治療方法の無い疾患です。

また膀胱炎になると、切迫性尿失禁のように尿意があってトイレに行っても間に合わないで失禁してしまうケースなどもあります。

膀胱炎の原因

大腸菌の感染

膀胱炎の原因菌の約80%は大腸菌と言われています。女性の場合、肛門と膣、尿道口の距離が短い事で、膀胱への感染のリスクが高くなっています。大腸菌などは、肛門から膣に感染して、膣内で繁殖し尿道を通過して膀胱に感染します。閉経前であれば、膣内は酸性に保たれているため大腸菌の繁殖が低いのですが、閉経後は酸性度が低くなる事で繁殖しやすく膀胱炎のリスクが増強します。そのため閉経後の女性は、繰り返し膀胱炎が発病する場合があります。

また性行為後には、感染のリスクが上昇しますので、注意が必要です。

ブドウ球菌の感染

大腸菌よりも頻度は低いですが、ブドウ球菌による感染症によって膀胱炎が発生します。ブドウ球菌の中でも、病原性の高い黄色ブドウ球菌などによって感染症が発生します。黄色ブドウ球菌は手の平など人の肌にいる常在菌のひとつで、アルカリ性を好む事から、石けんでの洗いすぎで発生する感染症です。

風邪による免疫低下

通常であれば、雑菌に対しての抵抗力がありますが、風邪などによって免疫力が低下していると、雑菌に対しての抵抗力が無くなりますので、風邪やインプルエンザなどは、早めの治療等が必要です。

慢性疲労

慢性疲労や慢性疲労症候群といわれる疲労の蓄積は、風邪、インフルエンザと同様に免疫力を低下させる要因のひとつですので、早め回復が必要です。

膀胱炎の予防と対策

排尿

膀胱炎は、尿道から大腸菌などの雑菌の侵入によって感染する事が原因で発生しますので、尿道口などに溜まった雑菌を排尿する事で都度洗い流す事が非常に大事です。また夏場など、発汗する事が多い季節は、排尿量が減少してしまうため、水分を多めに取って排尿量を増やす事が予防にもつながります。

性行為後の排尿

性行為は尿道に雑菌が入るリスクが高まりますので、必ず排尿する事を心がけてください。これは女性だけで無く男性も必要です。

抗生物質の服用

一般的な治療方法としては、抗生物質の服用が一般的です。抗生物質では2~3日程度で治療が完了します。短い場合は1日で十分な場合もあります。ただ細菌が残っている事もあるので投薬は1週間程度飲む必要があります。ただ、最近は、耐性菌も増加しているため、効果が無い場合は、抗生剤を見直す必要があります。治療中は、排尿量を増やすことが治療の向上に繋がるため、水分を多めに取る必要があります。

漢方薬による治療

抗生物質などでの治療でも効果が出ない場合、漢方薬での治療も効果的との事です。漢方薬としては猪苓湯(ちょれいとう)や五淋散(ごりんさん)等が有効とされています。また清心蓮子飲、竜胆瀉なども良いとされます。

尿を我慢しない

尿を我慢する事で、雑菌の繁殖を促す事になりますので、尿意があったら直ぐに排尿する習慣をつけましょう。

排尿、排便時の紙の使い方を注意する。

排尿、排便時に紙を使用しますが、必ず前から後ろに拭くようにしましょう。

温水洗浄機(ウォシュレット)の使用を控える。

意外に思うかもしれませんが、温水洗浄機で患部を洗浄すると、外についていた雑菌を押し込む事になるため、膀胱炎になりやすい人は、温水洗浄機の使用を控える方が良いとの意見もあります。

アルコールは避ける

膀胱炎の治療中は特に刺激物のひとつであるアルコール飲料の摂取は避ける必要があります。

セックスなど性行為を避ける

セックスは、膀胱炎の原因にもなりますので、注意が必要です。

背骨の歪みによる神経伝達疾患を治す

病院などで原因が特定出来ないものの80~90%は、神経圧迫が原因とされています。神経圧迫の多くは背骨の歪みが原因とされ、歪みによって、脳から各臓器への指令が伝わらない事で各臓器の機能不全になります。そのため背骨の歪みを取る事で、疾患が改善します。

そのため背骨の歪みを取り除く事で、成人病循環障害呼吸系疾患慢性疲労神経衰弱便秘膀胱炎尿失禁腰痛筋肉痛ストレス不安感不眠症胃潰瘍吐き気、飲み過ぎ、胃酸過多、下痢、心臓病、動脈硬化、高血圧、心不全、肺疾患、免疫力低下、鼻炎、蓄膿症、炎症、風邪、疲労感、腸炎、過敏性大腸症候群、消化障害、集中力低下、学習障害、うつ(鬱)病、睡眠障害、物忘れ、内臓気力損傷、肝機能弱化、胸がすっきりしない、肥満、糖尿病、腹部肥満、肝脂肪、心血管障害などの疾患の治療が可能と言われています。

脊椎セラピーと呼ばれる方法で、改善した人のレビューはこちらから

まとめ

膀胱炎は女性に多い病気で、身体的な特徴もあるため普段からの注意が必要です。また水分を多めに取る事で予防できますので、普段の生活で注意が可能な疾患でもあります。

参考資料

膀胱炎の正しい知識と治し方

膀胱炎(womanhealth)

膀胱炎(medicalnote)

膀胱炎とは?(ボーコレン)

女性の尿のトラブル