便秘は、食物の余ったカスや身体から出た老廃物を体外に排出するため状に重要で、便秘によって他の病気にもつながるため、初期治療が必要な疾患です。

便秘(constipation)

便秘
出典高解像度の写真素材なら【写真AC】

便秘とは

便秘(constipation)は、便通の頻度だけでは、判断出来ませんが、週に2~3回しか排便が無く、お腹に痛みや不快感があり、便がスムーズに排泄出来ない場合便秘と診断されます。便秘によって、食物のカスや身体の老廃物を排出物を出す事が出来なくなり肌荒れや吹き出物、お腹のハリ、食欲不振などが発生する疾患です。

また便秘には、便がつくられる過程や排便の仕組みに障害がある機能性便秘や腸そのものによる通過障害などで発生する器質性便秘があります。

機能性便秘

便秘の状態によって大きく3つのタイプに分かれます。

直腸性便秘

便が硬くてて大きく便が出にくく、我慢をする事が多いと、直腸部分まで、便が送られているのに便意が出なくなっていたり、便を我慢する事で、硬くなった便でフタをしている状態になってしまいます。この状態の場合は、我慢のし過ぎや水溶性食物繊維や水分が足りない事が起因している場合があります。

弛緩性便秘

便が硬くて太くコロコロした形状で、常にお腹が張っている状態が続いている事や、過度なダイエットによって便の量も少ない場合、緑黄色野菜などの不溶性食物繊維の不足や運動不足などが起因している事があります。

けいれん性便秘

うさぎのフンのようにコロコロとした便で、便秘や下痢を繰り返すような場合は、ストレスなどによって大腸の環境が悪化して自律神経が乱れている事が考えられるため、根菜、緑黄色野菜、きのこ、豆類などの不溶性食物繊維の取り過ぎは厳禁です。一方で、水溶性食物繊維であるこんにゃくや海藻などが不足している可能性があります。また下剤の使いすぎでも発生する便秘です。

器質性便秘

大腸の病気(がんや炎症)、手術後の癒着によって、腸内が狭くなりの通過障害が発生している状態で、腹痛や出血、嘔吐などが排出障害とともに発生するものです。

便秘の原因

大腸の蠕動(ぜんどう)運動の低下

食べたものをスムーズに運ぶためには、大腸が蠕動運動をして、食物を小腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、直腸と運んでいくが、大腸での滞留時間が長いと水分が吸収され過ぎててしまい、硬い便となる事で、排便がしづらくなってします。

食物繊維の不足

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく取る事が重要です。食物繊維のバランスが崩れたり、不足する事で便秘になります。

ダイエットのやり過ぎ

ダイエットのやり過ぎによって、食事制限をしてしまう事で、便の暈が減少する事で押し出す力も減少してしまう。

運動不足

特に腹回りの筋肉が落ちる事で便を押し出す力が低下する事で便秘になります。

大腸の病気

大腸がんや大腸炎などによって通過障害が発生している場合、便が詰まってしまうため便秘になってしまう事があります。重症化すると便を出すことが出来ないため、病院にて診察を受ける必要があります。

手術による癒着

外科手術によって回復手術をすると、まれに腸壁がくっつく癒着が発生する事があります。癒着が発生すると腸の内部の通過障害が発生する事で、便秘になってしまいます。

排便のがまん

排便時に別の用件等によって我慢をする事で、直腸の排便サインが緩慢になってしまい本来の排便しなければならない状態になっても、便意が発生しにくくなる状態が発生する。

ダイエット

無理なダイエットによって、食事を抜く生活をしていると、便となる材料が減少する事で、腸の蠕動運動がおこりにくくなり、排便出来なくなる

大腸がん

大腸がんなどになると、血便が出たり、便が細くなるなどがあり、残便感があったり腹痛、下痢が繰り返し発生する事があります。

薬剤性便秘

抗うつ剤や抗コリン剤(腹痛や頻尿の薬)は、便秘の原因となる薬剤です。薬剤の服用を中止する事が、便秘解消につながりますが、これらの薬は、服用を停止する事が出来ない場合が多いため、主治医に相談が必要です。

症候性便秘

糖尿病やパーキンソン病などの症状のひとつとして発生する便秘です。

便秘の予防と対策

生活習慣の見直し

便秘の大敵は、不規則な食事習慣で、1日3食を規則正しく食べる事が重要です。また排便をスムースにするため食物繊維や水分を取ることが大事です。特に食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く食べる事が必要です。

排便の習慣化

便秘の予防には、排便の習慣化が重要です。食事の後に排便をするのは非常にスムースな行為ですが、便意が無くても必ずトイレにこもるような行為は、逆効果になる場合もありますので、便意があったら我慢せずに、トイレに行く事が非常に大事です。そのためには、余裕を持つ事が大事です。

また、結局便意は自律神経の影響を受けているため、便意に逆らわない事が排便の近道です。

排便をする時の姿勢を考える

便意があっても出ないという人は、排便時の姿勢を注意した方が良いかもしれません。ひざの上に肘を置く位の前傾姿勢をする事で、直腸が真っ直ぐな状態になると言われています。この姿勢によって排便しやすい体勢をと事が重要です。

腹筋を鍛える

排便には、腹筋が必要です。起床時に寝たままで軽い腹筋運動を10~20回程度行うのも効果出来です。また、腹回りの体幹部分をねじったりするのも非常に効果的です。

腹回りを暖める

消化、吸収などの腸の活動は、副交感神経の働きですが、身体が冷えていると、交感神経が働きやすく事で、腸の動きが緩慢になります。腹回りをカイロなどで温める事で、リラックス効果があり、副交感神経が優位になるため腸の動きも正常になります。

入浴をする。

お風呂にゆっくりとつかる事は温熱作用によってリラックス効果も生まれます。それによって副交感神経が優位になる事で、排便が促しやすくなります。お風呂の場合は、季節にもよりますが、38~40℃のぬるめのお湯に長時間つかる事が大事です。

整腸剤を飲む

下剤が習慣化している場合は、お腹の中のフローラを良くするために整腸剤を飲んで、乳酸菌を補給する事も有効です。

背骨の歪みによる神経伝達疾患を治す

病院などで原因が特定出来ないものの80~90%は、神経圧迫が原因とされています。神経圧迫の多くは背骨の歪みが原因とされ、歪みによって、脳から各臓器への指令が伝わらない事で各臓器の機能不全になります。そのため背骨の歪みを取る事で、疾患が改善します。

そのため背骨の歪みを取り除く事で、成人病循環障害呼吸系疾患慢性疲労神経衰弱便秘膀胱炎尿失禁腰痛筋肉痛ストレス不安感不眠症胃潰瘍吐き気、飲み過ぎ、胃酸過多、下痢、心臓病、動脈硬化、高血圧、心不全、肺疾患、免疫力低下、鼻炎、蓄膿症、炎症、風邪、疲労感、腸炎、過敏性大腸症候群、消化障害、集中力低下、学習障害、うつ(鬱)病、睡眠障害、物忘れ、内臓気力損傷、肝機能弱化、胸がすっきりしない、肥満、糖尿病、腹部肥満、肝脂肪、心血管障害などの疾患の治療が可能と言われています。

脊椎セラピーと呼ばれる方法で、改善した人のレビューはこちらから

まとめ

便秘は、食事や生活スタイルなどによって発生する疾患で、簡単に思われる人が多いですが、場合によって病気の予兆等もあるため、早めの処置が必要な疾患です。

参考資料

ためこんだ頑固な便秘、いろいろ試したけどビクともしない【原因と対策】

あなたの便秘はどのタイプ?

便秘に悩むあなたへ

おなら、便秘、下痢は「腸疲労」のサイン

便秘:医師が考える原因と対処法|症状辞典