マーケティングとは と聞いて、何を想像するだろうか

市場調査・広告が最初に頭に浮かぶ人が多いと思いますが

簡単に言うと、顧客を見つけるまでのプロセスであり、

顧客となる、見込み客を集める手段でもあります。

マーケティングとは、ビジネスの最初に行う事

マーケティングとは、顧客を集める手段

ビジネスを行う場合、失敗するケースが

先に商品を作ってしまい、その商品に惚れ込んでしまう事です。

技術先行型の企業の多くは、

こんな良い商品なんだから、

お客が買うはずだ

と思い込んでしまうのです。

そうすると、お客が自分の商品を買わない

のは、お客が悪いと思い込んでしまうのです。

そんな、ご経験はないでしょうか?

マーケットイン と プロダクトアウト

マーケットインとプロダクトアウト という言葉を

ご存じでしょうか?

マーケティングの中で、必ず出てくる言葉ですが、

プロダクトアウトは、先で説明したように、

商品ありきの世界で、その商品を売るために、

行うマーケティングですが、一方で、

マーケットインは、市場で欲しいと思われる、商品をつくる方法です。

実際、ビジネスを行う場合、圧倒的に、後者の方が売れるのは、

当然のことです。

 

マーケットインでは、市場の調査を継続的に

行う事が重要です。

企業が新規のビジネスを実施する場合、

絶対的に市場調査が必要です。

マーケットリサーチ(市場調査)

さて、商品を販売する場合、商品が売れるのか

売れないのかを まず調べる必要があります。

そのため、あなたが考えた商品が市場に受け入れて

もらえるのか、それがどの位の価格が良いのか等

を調べる必要があります。

1)アンケート・座談会・市場調査

コンシューマー向け つまり個人の顧客を

相手にする場合が多いのですが、その調査の場合。

個人の悩みを解決出来る商品である事が重要です。

そのために、まず取りかかるのは、無料のツールである。

YAHOO 知恵袋、OKweb 等のお悩みツールです。

まず、自分の考えている商品やサービスが、質問文として、出ているか

また、質問の量がどのくらいあるかを調べます。

考えたテーマに対する、質問の量が5,000件以上あれば、次の段階に進めます。

次に行うのは、アンケートです。

さいその商品が、どんな形で、どんな使い方やサービスで、価格がどの位まで

アンケート調査を実施して、売れる形やターゲットの価格を

アンケートや座談会を使って決める必要があります。

これで、商品の概要を固めます。

個人のアンケートデーターでは、最低でも300人以上のアンケート情報が必要です。

数多いと、データーとして信頼性も上がりますが、費用もかかりますので、

300人位からのデーター収集がよいです。

2)パイロット販売

webでは、限定販売と称して、マーケットリサーチを

実施しているケースがあります。

用意するのは、テストしたい、LP(ランディングページ)のみを準備して

実際 予約販売と称して、PPC広告を出してみるのです。

そこで、実際そのキーワードでの広告が表示される、価格や

実際 予約販売される量を計測します。

価格や広告の内容をマトリックスにして、行うのがベターです。

もちろん商品は作りません。

そのデーターを取って、最低でも

売上げ=>広告費+商品の原価

の形になっていたら、次のステップにいけます。

広告を800クリックしたデーターでみましょう。

 

3)商品の予約販売

商品はこの時点で、製造しては、いけません

実際にターゲットの顧客が製品の予約が入るかテスト

をします。購入予約が1000個入った時点で、

1度広告を止めて、製品の製造に入りましょう。

 

実は手順は、通販商品は、日常茶飯事

に実施している方法で、

あの有名なライザップも同様方法を

取って、企画を上げたときに、

東京全体に、広告を発行して、

会員予約を募集しました。

 

そして反応の良かった場所を選定して、

反応の良かったサービスを行う

店を開いたのです。

ライザップの神宮前 1号店を開店すると

会員予約が殺到したのです。

マーケットインの考えで行うと

このような結果になります。

メディアの活用

メディアで、想像できるものが

あるでしょうか?

テレビ・新聞が最初に思い浮かぶのでは

ないでしょうか

ウィキペディアによると

「記録・保管のための媒体と

コミュニケーションのための媒体」

とあり、

テレビ・雑誌はもとより、

インターネット、SNS、

スーパーマーケット、

商店街すべて メディアである。

自分の商品やサービスを知って貰うためには、

メディアへの露出が必要になります。

これが一般的に広告となります。

広告の種類としては、大きく3タイプに分かれます

1)マス広告

新聞、雑誌、テレビ等に露出する広告で、

圧倒的なリーチ数がある広告です。

広く一般的にしってもらうだめの

広告です。

2)ダイレクト広告

一般的にはBLTと言われている

もので、ターゲットを絞った人に

行動を促す広告です。

チラシ、DM、看板、イベント

このようなものが、すべて

次の行動を起こして貰うための

広告となります。

3)インターネット広告

1)と2)の特性を持っている広告で、

インターネット上の媒体によるが、

セグメントした広告を出せる特長がある。

性別、年齢、人種、趣味、住所

これらを分ける事が出来るから

広告の効率が高いメディアともいえます。

4)自社サイトのメディア化

メディアは、他人ばかりでなく、

自社のwebサイト等も

メディア化する事が出来ます。

それは、コンテンツ・マーケティングです。

専門性の高いコンテンツの提供によって、

セグメントされた見込み客が集まるのですが、

自社製品の販売すれば、広告費が無料になるメリット

だけでなく最終的には、他社の関連商品の

ための媒体としての価値も出てくる。

これが、自社サイトのメディア化による

メリットです。

 

 

参考資料

マーケティングとは? 10分でわかるマーケティング入門

マーケティング

マーケティングとは?その意味と方法について