コンテンツマーケティングにおいて、

コンテンツとは、何だと聞かれる事が多いのですが、

簡単に、日本語で直訳すると、

「内容」や「中身」といった意味になります。

ただし、近年の情報化社会から考えると

「情報の中身」と考えるのが妥当と考えます

ここでは、このコンテンツとは、についてまとめてみました。

コンテンツとは、ネット上のお悩み相談窓口

コンテンツとは、何?と聞かれて

あなたなら、何と答えるでしょうか?

コンテンツを作っていく時に何を発信していけば

良いのでしょうか?

お悩み相談を自分でしてみる

まず、自分でお悩み相談をしてみましょう。

例えば、ラーメンを食べたいと思います。

スマホを取り出し

音声認識を使って

「近くのおいしいラーメン屋さん」

とつぶやくと

「ラーメン屋さんが3件ありました。」

とスマホが答えます。

この出ている内容も実はコンテンツなんです。

コンテンツとは、お悩み Q&A

コンテンツに1番理想的なのは、

Q&A 形式になっているのが、

1番理想的です。

最初にお悩み疑問の内容からはじまり、

最後にその答えが理想的なコンテンツといえます。

もちろん、検索するキーワードによって

その文書の形態は、変わりますが

この形が1番多いのも事実です。

コンテンツとは、ニュース記事です。

コンテンツは、自分の自己満足で、書くのでは無く、

他人に読んでもらう事が重要です。

そのため、目につくニュース記事を見て

勉強するのも、非常によい。

自分がこれは、思わず最後まで、読んでしまった

と思う文書を切り抜いて、しばらくたって

もう一回読んでみましょう。

その記事のストーリーを区切って書き出す

と結構納得す事があるかもしれません。

1度さんな見方をしてください。

キラーコンテンツを作る事が、コンバージョンに繋がる

キラーコンテンツという言葉をご存じでしょうか?

コンテンツを定期的に出している人は、

みなこのキラーコンテンツを目指します。

つまりネット上に公開した、コンテンツに対して、

著しい反応があり、記事の閲覧数が、飛躍的に

伸びるのです。

その伸びた、記事に広告を貼り付ける事で、

記事に関連する商品が売れたり、するのです。

そして、キラーコンテンツは、流行、時事ネタに

でおこりやすいものですが、専門的なもので

あれば、それは、安定したねアクセス数になります。

コンテンツで重要なのは、著作権です。

コンテンツとは、すべてに作者があります。

自分が書いているものには、著作権があります、

ネット上での、デジタルコンテンツは、

文書を写しても、品質が劣化しない事もあり、

無断引用(簡単に言うとパクリ)が多い、

元の専門的なコンテンツを頭から、最後まで、

丸写しをして、出しているものも

見かけます。

同様の事をやっても、引用であれば、実は問題ありません。

パクリは、違法であるが、引用は、合法です。

引用とは、つまり、自分のコンテンツ内に、

〇〇の文書を引用しました。と書く事が重要です。

これが有ると、無いとでは、かなり違ってきます。

早稲田大学で、問題になりましたが、論文などは、

通常引用している、文献については、すべて書く必要が

ありますので、中の文書がにているのは、引用しているからです。

と言えば、何も問題ありません。

実際写真とかも、すべてこれで通用します。

もちろんこれは、相手が公開している、本や、ウェブサイトである

必要があります。

製造業のコンテンツとは、専門知識です。

一般的にコンテンツとは、お悩みと書いてきましたが、

製造課は自分のもっている知識は、常に、あたり前と

思っています。

そのな当たり前の事かいて、何か価値があるのか。

このように、思う人が、実は、大勢います。

もし、あなたが知っている内容を、

Googleで検索してみましょう。

もしかしたら、そんなコンテンツが無いかも

しれません。

そして、あなたが、自分の知識をコンテンツとして出せば

非常に他人からは、為になるコンテンツとして、

発展する可能性もあります。

そのコンテンツは、キラーコンテンツとなると、

大勢の人が、そのコンテンツを読んで、くれるのです。

実はひとつの記事に興味がある人は、他のコンテンツも

見るようになります。

そして定期的にコンテンツを見るようになります。

そして、あなたのファンになるのです。

 

参考資料

 

コンテンツ

コンテンツ

コンテンツの意味とは