webコンテンツは、以前より、重要との話が

よく聞かれますが、ここ最近さらに重要になっています。

web戦略やWebマーケティングを実施する上で、

このwebコンテンツが出来るがとうかがポイントになっています。

Webコンテンツの重要性とポイント

webコンテンツの重要性

web戦略において、Googleを代表にする、

検索サイトでの、検索結果が集客に大きく、影響します。

そのため、どのようなwebコンテンツを上げれば、

上位表示するかについては、

コンテンツ提供者としては、非常に

興味深いものです。

 

ここで、ちょっと視点を変えて、検索対象者としては、

どのように思うかを考えて見ましょう。

 

例として、プリウスの燃費について検索

すると、燃費の実体験の情報が出てきます。

多分ほぼ満足する情報が載っているのかと思います。

 

web検索をする場合の行動は、

すべてお悩みです。

・これって何だろう?

・これの続きを知りたい

・これの性能はどうなんだろう・

・これ買いたいけど、何処で買える?

ほとんどが、「知りたい」でしょう。

そのため、webコンテンツでは

その答えとなるものを用意する必要があります。

そのため、質の高いwebコンテンツとは、

検索対象者の質問の答えとなっているものです。

webコンテンツとソーシャルメディアの関係

webコンテンツの情報拡散のためには、

ソーシャルメディアは重要性が高いです。

TwitterやFacebookといった、話題や商品は

Twitterならリツイート、Facebookならシェア

という形で、ネット上の友達から友達に伝達

していきます。

・有名人が美味しいとつぶやいた、焼き鳥屋

・女子高校生の間で流行っている、ストラップ

ここで大事なのは、そのコンテンツが、

共感を得られるかが大事なのです。

Googleのような検索サイトとはね違って、

人が見て、興味・共感が無いと、行動に

おこしてくれないからです。

そのため、SNS上での

webコンテンツは、共感を受ける

事が重要になります。

Twitterの役割

ここでは、一般的なつぶやき機能というよりは

Twitterをどうwebコンテンツの拡散につなげるか

です。

Twitterは140文字のタイムライン方式で表示されています。

他人のコンテンツを見る事をフォロー

自分のコンテンツを見られる事をフォロワーといい

webコンテンツの拡散では、このフォロワーを増やす事が

戦略としての第一歩です。

そしてもっと必要なのが、リツイートをして、別のフォロワーに

情報の拡散をしてもらう事です。

それには、140文字の中に、すべてを書く必要が

あります。その中でも、最初の10文字が1番大事です。

また、ブログサイトからの拡散であれば、

カード機能によって、アイキャッチを設定してあれば、

写真も自動でアップする事も可能です。

また、Twitterの使用者の年代は、20代までの男女

が使用頻度が多いので、BtoB関係の情報は、

拡散力は低いが、一方で、コンシューマー向け

の商品の場合の拡散性は高い。

Facebookの役割

Facebookは、Twitterと比較すると、

年代数は30代以上が多く使用している。

最近は、ビジネスで使っている人が多い印象を受ける。

Facebookは大きく五大機能を持っている。

ニュースフィード、タイムライン、Facebookページ、グループ、イベント

これらの機能以前に、名前がわからない人のために、

それぞれの特長をまとめます。

・ニュースフィード

 これは、自分が友達になっている人の投稿で、関係の強い人

 のみ表示している。だいたい上位100~150人位までしか表示されない。

 友達は最大5,000人まで、登録可能であります。

・タイムライン

 これは、自分の投稿した内容で、Facebookがある限り、自分の投稿した内容

 がずっと見れるのです。

・Facebookページ

 一般的に企業ページと言われており、会社や店舗、商品専用のページを作る事が出来る。

 一般的に、企業ページで、いいねを押してと言われるのは、このページの事である。

 Facebookページは、企業ページであるが、個人のアカウントが必要なため、

 これらは、大企業というよりも、中小企業向けに適した企業ページである。

 会社の情報や商品の情報を展開すると喜ばれページであります。

・グループページ

 趣味やカテゴリーのあった人どうしの交流ページです。

 企業戦略としては、集客したお客様の交流サイトとして活用すると良い効果が出ます。

・イベント機能

友達や、Facebookの読者に対して、イベント リアルセミナーを

やったり、商品の販売をしたりする事が可能です。

 

ここで各辣名もしましたが、ビジネスとして実施して良いのは、

Facebookページ、グループ、イベントです。

よくタイムラインに広告をうっている人を見かけるが、

Faebook社としては、これらは、禁止事項としているため

今後アカウント停止等の可能性も出てくるため

やめましょう。

webコンテンツの拡散には、Facebookページにするべきです。

Facebookページは、Facebookコンテンツの中で、宣伝

をして良い部分です。

理由としては、ページのいいねを押して、そのサイトに

興味を持ったユーザーを対象としているからです。

ただ現在の方法としては、Facebookページでの販売は

出来ないため、自社のサイトへの誘導で、クロージングに

努めるべきですある。

 

webコンテンツは、見込み客との交流の場である。

webコンテンツは、集客にかかせないものです。

見込み客となる人は、悩みを解決したいと

常に思っています。

その悩みに対応した、答えの数が多ければ、

多いほど、そのwebコンテンツがあるサイト

の信頼度が上がります。

これは、間接的なコミュニケーションになります。

もし、さのサイトが常時アクセスする事になると

検索者は、あなたの運営するサイトのファンとなります。

そのファンは、強い見込み客です。

その見込み客を大事にする、webコンテンツ作りが大事です。

webコンテンツの質を見極める

まず1番目に上げるのは、

見た目が見にくいサイトです。

テキストデーターが連続で入っていて

最後まで読みたくないサイトです。

見やすいサイトとは、段落をきちんと斬ってあり

どの部分に何が書いてあるサイトです。

次に品質の悪いwebコンテンツは、パクリサイトです。

デジタルコンテンツの場合、コピーアンドペーストで

簡単にコピーサイトが作れるため、

丸写しがオリジナルより、上位表示をしてしまうなんかも

たまに目に入ります。

ウィキペディアは、同様に他のコンテンツの情報を

載せていますが、これは、引用文であるから問題

無いのです。

最後にアフィリエイトサイトのwebコンテンツで

よく見かけますが ウソ 情報サイトです。

中身を見ていれば、気がつくのですが、素人目には

判らない場合があるため、これにはね注意が必要です。

最終的に、ニセ情報で問題になると、サイトの上位表示

以前に信頼性や最悪、裁判沙汰まで、

想像できるものもあります。

サイトの情報は、必ず、裏付けを調べる必要があります。

どちらにしても、このようなサイトをつくっていると、

ファンが離れていきますので、注意が必要です。

Webコンテンツの将来性

Webコンテンツは、長期間の戦略として

非常に有効です、俗にロングテールと言われている

戦術です。

人によっては、キラーコンテンツのみで良いと言われる人

もいますが、検索数の少ないサイトをアップしていくのも

実は非常に有効です。

 

参考資料

コンテンツとはそもそも何か?そしてなぜ大事なのか?

【保存版】戦略的WEBコンテンツ制作・作成 “虎の巻”

ウェブコンテンツ