Twitterは、Facebookよりも非常に拡散力の高いSNS(ソーシャルネットワークです。)そのTwitterで自身のブログのトラフィックを上げるのに利用できるのです。

Twitterを使ってビジネスを広げてみませんか?

今更、Twitter(ツイッター)?と思われた方が多いかもしれませんが、実際Twitterの利点は匿名性にあります。Facebookは、個人が特定しますので、興味ある記事があっても友人に見られたらいやだなと思う気持ちが働くため、「いいね」や「シェア」をしない人が多いというデーターがあります。そのためエンゲージメントとひらきがある事が良く言われます。

一方で、Twitterの場合 匿名性が高い事もあり、以外と簡単に、「いいね」や「シェア」をしてしまうという傾向があります。

そのため自社のブログサイトのトラフィックを上げるために、Twitterを実施する事は、以外にも近道なのです。

ここでは、Twitterをビジネスで使用するやり方を説明いたします。ビジネスで

Twitterのアカウントを作ってみましょう

E-mailアドレスの準備

まず必要なのは、E-mailアドレスです。Twitterのアカウントには、1アカウントにつき、1つのE-mailアドレスが必要になります。つまり、複数のE-mailアドレスがあれば、複数のTwitterアカウントを作る事が出来るのです。

Twitterのアカウント作成

Twitter1

Twitterにアクセスするとアカウントが無い場合、こんな画面が表示されます。個人でTwitterのアカウントを持っていたとしても、ビジネス用のアカウントを別に作成する事をオススメ致します。

まずは「アカウント作成」をクリックします。

こんな画面が出ます。

名前(またはニックネーム)

ここにあなたの 商品やサービス名などを入れる

電話番号またはメールアドレス

ここは 電話番号は使わず、メールアドレスで登録する事をオススメします。電話番号は後でもちろん入力する必要がありますが、セキュリティー確認等に使用するため、ログ、Cookieとして残りやすい部分には使用しない方が無難です。

パスワード

パスワードはTwitter専用として、定期的に変更する事をオススメします。最低でも8桁以上は必要です。携帯電話を使った2段回設定をするとセキュリティー設定がかなり強化されます。

プロフィールの作成

これは私が管理しているTwitterアカウントのひとつです。プロフィールで1番重要なのは、ヘッダー画像とプロフィール画像です。

画像については、JPEG、GIF、PNG等のフォーマットが可能です。また画像の大きさとして、ヘッダー画像1500×500ピクセル 、プロフィール画像は400×400ピクセル 容量としては2MB以下をTwitterは推奨しています。

ビジネスで、画像を使用する場合は必ずオリジナルの写真が必要になります。インターネット上には、様々な写真コンテンツがありますが、すべてに著作権があります。注意が必要です。

特にプロフィール画像はビジネスの入り口となるものですので、最新の注意を払う必要があります。

オススメのプロフィール画像

ビジネスをする上での会社の代表、営業担当、広報担当これらの人物の顔写真、上半身の写真が良好です。また、サービスのオリジナルキャラクター、会社のロゴマークなんかも非常に良いです。

使用してはいけないプロフィール画像

芸能人の顔、アニメのキャラクターなど他人に著作権のある写真等、このような写真は個人で使用している人をみかけますが、ビジネスで使用するアカウントですので、トラブルの原因となるため絶対に使用しないでください。

自分であっても、「後ろ向きの写真」「顔の写っていない写真」や「意味不明な画像」まず、SNSは、他人とネットワークを通じてコミュニケーションをするのが目的です。交流感覚を拒否していると思われる画像はビジネスにおいて、マイナスにしかならないのでやましょう。

オリジナルの画像が用意出来ない

もしオリジナルの画像が準備出来ない場合は、次のような写真販売サイトで入手する事が出来ます。基本は1枚○○円だったり。年間○○円となっていますが、かなりの写真コンテンツを無料で使用できるので、そのようなwebサイトを利用するのもオススメです。

写真AC

商用利用可能な写真を提供してくれます。無料版でもコンテンツとしては十分ですが、高画像の写真が欲しい場合有料版の契約をする必要があります。

その他のプロフィール

プロフィールにURLを埋め込む事ができますので、必ず入れましょう。また、あなたのビジネスの事を出来るだけ詰め込みも大事です。

ツイートする。

サービスや商品に関する、コンテンツをツイートします。ブログからのシェアが有効です。ブログ側に、見やすいツイートが出来るように設定が必要なのは言うまでもありません。もちろんアカウントにあったものを投稿していく必要があります。

フォロワーとなった人が、見てくれて、「シェア」「いいね」をしてもらう必要がありますので、カテゴリー合わせた投稿が非常に大事になります。

フォローワー(follower)を増やす

followerを増やすのは簡単ではありません。ツイートほ数多くしていれば、自然と増加はしていきますが、ビジネスで使用する場合時間がもったいないので、多少のテクニックを使用します。

フォローバックを促す

Twitterのユーザーには、フォローすると、反対にフォローを返してくれる非常に良いユーザーがいます。この事をフォローバックと言います。そんな人たちを見つけて、フォローをしていく事です。

但し、やたらめったらフォローをしてはいけません。画面右上に出るオススメは無視しましょう。

必要なのはターゲットは誰なのかが重要です。フォロワー数だけ増えて行っても、ターゲットから外れては、どうしようもありません。

ショッピングサイトを運営している場合

買い物をしてくれる人がフォローワーになってくれる必要があります。例えば楽天、Yahooショップ、Amazonなどの公式Twitterアカウントにアクセスしてください。

楽天、Amazon、Yahooショップ、Amazonなどに、フォローする必要はありません。

必要なのはこれらにフォローしている、フォローワーのリストです。

大手ショップサイトのTwitterアカウントにのフォローワーに順番にフォローしていきます。

その時これらのアカウントは絶対にフォローはしないでください。

アダルト系アカウント

ビジネスとして品位が悪くなりますので、当然フォローの必要はありません。

ヘッダー画像、プロフィール画像が無いアカウント

ヘッダー画像、プロフィール画像が無いアカウントは、Twitterをそれほどやっていない場合が多いです。あなたに必要なのは「いいね」や「シェア」をしてくれる。ユーザーなので必要ありません。

ロックがかかっている

フォローに承認が必要なアカウントも無視をしましょう。承認が必要なアカウントは自分のツイートを大勢に見せたく無いという事もありますので、拡散性は低くなる可能性が高いため必要ありません。

スパムアカウント

業者がフォロワーを2000人集めますのようなサービスで、無作為に作ったアカウントのためで、ツイートもしていないため、「いいね」、「シェア」などは絶対にありません。フォローをする必要はありません。

フォローが出来る数の上限は、最初は100人です。自分で選んだ有効と思うアカウントにフォローをして、フォローバックを待ちましょう。しばらくして待ってもフォローバックが無い場合は、フォローを削除しましょう。

不必要なフォローを削除するのはManageflitterが非常に簡単です。

マネージフリッター(ManageFlitter)で片思いのフォローワーを整理しましょう。

ターゲットに対してのフォローとManageflitterを使用して、フォローの削除をくり返す事で、有効なアカウントを月に100~200アカウントの増加を目指しましょう。

やり過ぎると、Twitterからスパム扱いとなりますので、注意が必要です。

同様に、ラーメン関係のビジネスであれば、有名ラーメン店のフォローワー、洋服などに特化しているなら、ZOZOタウン、旅行ならば、旅行代理店や格安航空券情報などのアカウントなどを利用するのがオススメです。

海外に商品を販売する場合は、日本好きの俳優、歌手などのフォロワーを狙うのも以外と有効です。是非試してください。