LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

高反発マットレスは極厚仕様のマットレスがやっり良いのか

いま流行の高反発マットレスとは

最近、「高反発マットレス」なるものが、流行しているのをご存じでしょうか?

実は、この高反発マットレスには、定義みたいなものが無く、各メーカーは独自の基準でそのようによんでいるだけとの事です。1970年代に流行した、低反発マットレス(米国のNASAで開発したらしいですが)に対して、名付けられたもののようです。低反発素材と比較すると、反発力が強いため、高反反発マットレスと呼ばれています。

高反発マットレスのおおきな特長としては、立ったままの姿勢で横になるため、「理想的な寝姿で寝られる」という事です。実際マットレスによっては、腰の部分が沈み込んで、寝てるだけで腰がいたくなるようなのもあるので非常に理想的に感じます。低反発マットレスのように沈みこむタイプのものは、私も一時使用していましたが、寝たときの状態が朝までキープするので、寝返りをうてない事で、朝からだが動かない感じがありました(ちょっと大げさですが 笑)。

以前は、腰痛をもっている人なんかは、低反発マットレスの方が良いのでは、という話がありましたが、現在は、一般的に高反発マットレスの方が良いといわれています。低反発マットレスの場合、体重のかかりやすい、腰の部分がしずみやすいため、寝ている時は、心地良いのですが、腰への負担が大きいと言われています。

ただ、高反発マットレスといっても特別なものではありません。ただ、重要なのは、密度、反発力、そしてマットレスの厚みこれによって、最終的に寝心地や腰痛などのように身体への負担の状態が変わってくるのです。

もともと、腰痛を持っている、肩こりがしやすいなどがある場合は、迷わず高反発マットレスを使用する事をおすすめします。身体の部位への負担が軽減する事で、長年の腰痛や肩こりなどが改善する可能性があるからです。

理想的な寝姿とは

高反発マットレスが良いと言われる理由は、理想的な寝姿で寝られる事です。

理想的な寝姿とは、真っ直ぐに立っている状態で、90°横になった状態で維持できる事が理想です。

つまり仰向けで寝る場合は、S字カーブを維持した状態、横に寝た場合は、まっすぐなった状態をキープ出来れば、理想的な寝姿になるのです。

高反発マットレス おすすめ・比較

13層やすらぎマットレス(メーカー株式会社イッティ)

眠りの常識を変える高反発マットレス

極厚の13層構造と27cmの厚さと3Dスプリング構造で、理想的な眠りの形に。

楽天市場、Yahoo shopで1位になった実力のマットレス

13層マットレス

体圧分散は、こんな感じで、非常に理想的に状態ですね。

税込み98,000-

↓詳細は、こちらをクリック↓

極上の寝心地。13層やすらぎマットレス

高反発マットレス ニトリ の 高反発マットレストッパー

厚さ4cm の ニトリの高反発マットレス 税込7,990-

高反発マットレス マニフレックス

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

8mm厚みのマットレス 税込み 50,760-

 

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket