ソーシャルマーケティング事例

としては数多くあります。

また、ソーシャル メディアを

マーケティングとして、使用する企業

が増えていますが、成功する場合と、

失敗する場合がありますどうして

でしょうか?

ソーシャルマーケティング事例で見る、成功と失敗

SBS(ソーシャルネットワーク)SNSの特長・役割

ソーシャルマーケティングを考える前

にSNSの役割と特長を考えて

見ましょう。

もともと、SNSを利用する人の目的

としては、

1)オフラインコミュニケーションの補完(従来からの知人)

2)同じ趣味、趣向を持つ人との交流(新たなコミュニケーション)

3)知りたい情報を探す(情報の受信)

4)自分が入手した情報や自分に関する情報の発信(情報の発信)

まとめると、このような内容があります。

これらは、通常の実生活での

コミュニケーションの延長線上に

あり、友人との関係性を向上するため

の場であります。

そのため、企業系の会社がやっている、

広告的な、投稿については全面的に

嫌われるものなのです。

双方向コミュニケーションを最大限に利用

企業が、ソーシャルメディアに、

投稿する場合必要なりき、コンテンツ

です。

顧客に取って、その情報が役に立つか

が需要なのです。

つまり、他の一般ユーザーから、共感

をもたれる投稿であるかが重要です。

つまり、Facebookであれば、

“いいね”や シェア、

また、Twitterであれば、

リツイートをされるかが、

ひとつの指標になります。

共感を受けるコンテンツについて

ここでひとつ企業コンテンツとして、

共感をうけて、各ユーザから、共感

を受け手、コメントやいいね、シェア

を受けているページをご紹介します。

マルコメ

https://www.facebook.com/marukome.family/?fref=ts

言わずととれた、味噌のマルコメのページです。

マルコメ君というキャラを作り上げて、

マルコメ号で、全国に行脚している様子や、

その地方の特産の紹介をしている。

ANA

https://www.facebook.com/ana.japan

航空会社 全日本空輸の Facebookページです。

空撮の写真や、従業員の紹介が等

のコンテンツが中心に紹介されています。

ユニクロ

https://www.facebook.com/uniqlo

ユニクロの服を着て貰っている、人たちの

写真が勢揃い、時事ニュースも

間に入っている処が多い

そのなコンテンツです。

無印良品

https://www.facebook.com/muji.jp/?fref=ts

無印良品は、どちらかと言うと

こちらは、イベント内容と商品の紹介

商品の紹介では、いいねの獲得数

が多いが、見せ方を変えているのが

わかると思う。

 

さて各ページは、企業のFacebookページです。

いいねを押すと、その投稿が、個人に流れる

仕組みのページです。

みてで、「面白い」、「役に立つ」、「共感がもてる」

「誰かに教えたい」と思ってもらい

この企業の製品やサービスを買ってみたいと思って

もらう事が重要なのです。

ソーシャルメディアでは、1度収益化は、

忘れて、取り組む事が大事です。

 

ソーシャルマーケティング見る、いいね数とフォロー数の間違い

ソーシャルマーケティングでは、目標

のひとつとして、フォローワーや、

いいねの獲得を第一に考えるが、

あくまでも、いいねの獲得が目標で

はありません。

売上げ、獲得が目標です。

そのため、興味の無い人からの、

いいねは貰わないようにする事が

重要になります。

必ず、興味、共感を持っている人を

増やす必要があります。

コンテンツの共感のある、いいねを集める

ソーシャルメディアのFacebookのフォローワー

獲得のための成功事例としては、

やはり、イベントや広告が関係性の濃く

なる人の集客が可能になります。

Facebookのアカウントを取って、

Facebookページを作ると、どうしても、

友達にいいねを求めてしまいますが、

この友達は、あなたにとって、

商品やサービスを買ってくれる

お客でしょうか?

Facebookでは、セグメントされた広告

が出稿できます。

その方が後々、商品やサービスを販売

する時に購入に繋がる可能性が高く

なるのです。

そのため、数に拘るのでは無く、

属性に拘りましょう。

顧客リストの獲得

企業として、重要なのは、いいねや

フォローワーの数ではありませんが、

共感を得て、フローワーとなって

もらった人は、販売の可能性が

ある、見込み客として、管理する必要

があります。

そこで有効なのが、無料会員登録です。

コンテンツを回遊している人に対して

プレゼント、モニターと言った、

お得情報を発信して、

会員登録をしてもらうのです。

先に、共感を得ているため、それほど

後から、広告を流しても、先方は、

毛嫌いはせずに、買い物を楽しんで

くれる可能性が高いでのです。

そして未だに有効なのが、

メルマガによる定期的な、

情報発信です。

これにより、見込み客との信頼度をアップ

させるのが、1番の目的です。

あなたの事を知って貰う事が、将来的な、

売上げに繋がるのです。

 

参考資料

ソーシャルメディアマーケティング(SMM)の成功企業と失敗企業

中小企業必見! ソーシャルメディアマーケティングの成功事例

ソーシャルマーケティングの薦め