Googleの表示順位の対策として”seo japan” のSEO関連の記事がありましたので、この情報をもとに、SEO対策について、まとめてみました。

SEO JAPN が見た、有利なGoogleのインデックスの方法

そもそも SEOという言葉は、知っているでしょうか?

SEOは Search Engine Optimization 検索エンジンの最適化の事を言います。

検索サイト運営会社は、大手が2社存在します。GoogleとYAHOOである。この2社は、インデックス登録のやり方が昔から違っていました。

YAHOOは申し込み性で、申し込んだサイトを確認して、問題が無ければ、登録をする(スパムサイトを排除する目的)。一方でGoogleはプログラムを使って、サイトを訪問して、自動的に登録する方法。

これらは、それぞれに優劣がありますが、最終的には、GoogleとYAHOOが提携して、Googleの登録データーベースをYAHOOが使う形となりました。

そのため、Googleに自動的にインデックスされ上位表示をさせるために、サイトをブラッシュアップする事を一般的にSEO対策と言っています。

SEO対策として有効と思われる方法

検索表示順位を決める、アルゴリズムは、Googleは正式には、発表していない。(抽象的な発表はしているが)特に、重要と思われものを、SEO JAPANが記事と取り上げていましたので、引用させてもらいます。

パックリンク

バックリンクとは、自分サイトに対して、他のサイトからリンクを張ってもらう事で、この方法は、今でも有効との事であるが、最近の報道等では、関連性の無いサイトからのバックリンクはペナルティー対象との事もあります。

つまり、ディレクトリィーサービスと言われるものからのリンクは、以前は有効でしたが、現在は、ページランクの高いサイトを除いて、ペナルティー対象になるとの事です。その中でも有効なバックリンクとしては、サイトテーマの関連性が高いものは未だに価値が高く、上位表示の条件となっている。また、同じドメインから複数もらっても効果が低く、同じ数のバックリンクであれば、異なるドメインのものが、有効である。(バックリンクを販売しているようなサイト運営も最近では、ペナルティーを受けるようになりました。)

リンクオーソリティー

オーソリティーとは、日本語で言えば、権威となります。前のセンテンスでも説明しましたが、他サイトから参照サイトとしてリンクをもらう事です。

これらは、単純にリンク(リンク集合サイトよりのリンク)よりも価値が高く、上位表示への影響が高い。

テーマ制

SEO JAPAN では、トピックで説明しているが、ここでは、テーマ制の方が判りやすいので、そのように書きますが、日常の日記のように、いろいろばらけた内容よりは、ひとつのテーマに絞ったサイト作りをした方が、サイトとしての価値が高まりSEO対策としても有利に働きます。

特に1つのテーマを深掘りしている事が重要です。

例えば化粧品全般では無く、”ハンドクリーム”のみとか、”洗顔剤”のみとか、アウトドアの場合は、”山登り”に特化する方が良い。

単語の数

SEO JAPAN によると、Googleの1ページ目に表示している、コンテンツの平均単語数は1890単語であった。検索上位に表示される、コンテンツは、長文ほど、上位表示される傾向があります。

HTTPS

HTTPSは通常のHTTP に ”S”がついたものであるが、この”S”は Securre (安全に)の意味で、暗号化を行い、サイトが安全に管理している事を知らせるものです。

これも当然かも知れないですが、上位表示の条件として現在は、あります。

ボディー内画像

ページ内コンテンツに1つ以上画像が入っているコンテンツが入っていないコンテンツよりも、上位表示する傾向がある事がわかってきました。(アイキャッチではありません)

ただし、写真は必要ですが、写真の数による、影響は少ないとの事です。

titleタグ内のキーワードの最適化

titleタグ内への対象キーワードを含めて、題名をつくる事ですが、以前は、影響の高い方法であったが、昨今では、影響度がそれほど、無いものとなっている。

Googleでは、最近は、セマンティク検索を重要視しており、検索した人が、何をもとめているかを考えて、サイトを表示するため、題名は、それほど重要では無いとの事です。

サイトの表示スピード

サイトの表示スピードは、Googleにとっては、重要視しており、読み込みスピードの早いサイトは読み込みスピードの遅いサイトよりも、上位表示されている傾向があります。

自社のサイトの場合searchconsole等のサービスで見ると良いかもしれません。

アンカーテキスト

アンカーテキストとは、対象キーワードを<a></a>(aタグ)で囲むことです。

つまり、対象キーワードのリンクを張る事です。例えば ”ラーメン”というキーワードに aタグをつけて、リンクを飛ばした先が、ラーメンの説明サイトであるようなイメージです。

ウキペディア、Naverみたいなサイトは、このようなアンカーテキストが非常に多いのも特長である。

直帰率

直帰率は、Google アナリティクス等のようなサイト分析をみていないと、聞いた事も無いでしょうが、サイトのページを開いて、そのまま閉じてしまうのが直帰率100% そのページにあったリンクを押して他のページへ移動すると 直帰率0%となります。

つまり、自社サイトを回遊してもらってるかどうかの指標でになります。この直帰率が低い方が、検索上位表示の影響が高いのです。

URLの長さ

URL短い物は、URLの長いものよりも、Googleは理解しやすい。

Googleの表示順位として、URLの短いものほど、検索表示順位が高い傾向がある。

ワードプレスを使用する場合は、パーマリンクが簡単に変えられるため、短いものに買えた方が良いとも言えます。また、URLに日本語をいれている場合は、英語に翻訳した方が良いともいえます。日本語は、変換され、実際には、文字と数字の羅列された、URLとして理解されるからSEO対策の観点で言うと、日本語URLはマイナスに働くと考えられます。

まとめ

Google検索での上位表示は、集客方法のひとつとして、コンテンツ戦略をしている、企業にとって、非常に気にしている内容です。

ただ、このまとめた結果として共通しているのは、より、人が見て、良質なコンテンツを上位表示する事を目指しています。自分のコンテンツの評価をしらべるために、SEOツール と呼ばれるサイトがありましたので、このツールで調査するのも良いかもしれません。他に、自らのWebサイトの調査として、simiiarWeb  や Alexaがありますので、コンテンツ作りの参考になります。

参考資料

SEO JAPAN

SEO Japan

SEOツール