ネットマーケティングは、インターネットの

普及によって、現在の日本において、必要

不可欠のマーケティング手法に発展しました。

インターネット黎明期には、会社案内やチラシ

をそのまま、デジタル化したものが主流でしたが、

接続端末の普及により、その様相が変わってきました。

ネットマーケティングのこれからの戦略

企業がインターネットを自社の

マーケティングツールとして、

行うすべての事をネットマーケティング

といいます。

市場調査やマーケットリサーチ

インターネットの普及によって、需要調査が

非常に楽になりました。個人向け(BtoC)、企業向け(BtoB)の需要調査で、

やり方が異なります。

参考までに、ネット上での、

市場調査が可能なサイトや

企業の紹介をします。

 

 

BtoC(個人客向け)

教えてGoo(無料)

Yahoo知恵袋(無料)

OKweb(無料)

楽天(有料)

モンプラ(女性限定)(有料)

アンとケイコ(有料)

暮らしの根(有料)

iアンサー(docomoユーザー限定)(有料)

BtoB(企業向け)

楽天(有料)

クロスマーケティング(有料)

 

これがリサーチに適した、サイトや、企業です。

ただ、BtoC 、BtoB 両方に共通しているものとしては、

コンプレックスやお悩みの 調査です。(これが需要になります。)

ネットマーケティングにおいて、調査対象者数としては、

統計上 最低300人にアンケートやモニター調査を

する必要があります。数が増えれば、データーの信頼性が上がります。

 

Webサイトを活用した、認知度向上

個人商店もそうですが、企業活動において、

認知度向上については、どの会社も

力を入れているかと思います。

例えば ハンバーガーと言えば・・・・マクドナルド

見たいな事です。

 

他人の頭の中にイメージさせる必要があります。 

〇〇〇と言えば 「あなたの企業名」

が最終目標です。

そのために 必要な事は、メディアへの流出です。

メディアの流出とは、広告に他ありません。

ただし、ネットマーケティングにおいての

広告は、新聞折り込み広告や捨てカンバン

といった広告とは違い。

セグメントした広告が出来るメリットがあります。

Google 、Yahoo への リスティング広告

成果型広告、俗にクリック広告

をリスティング広告といいます。

現在では、かなりベタな広告です。

タダ、入札型の広告のため、

年々広告単価が上がっている

もの多くあり、集客コストと、

売り上げに悩む企業が増えています。

しかし、やり方次第では、非常に

割の良い広告です。

リターゲティング、リマーケティング広告

リスティングとの併用が必要ですが、

俗に言うと、スパイ広告、追っかけ広告

とよばれるものです。

ネット上で、何か広告をクリックした後に、

同じような広告が、表示される

事がありませんか、それがこの広告です。

1度訪問した、サイトのログ情報を

もとに、広告が表示する仕組みです。

通常広告を踏んで行ったサイトは、

2度と訪問しない事が多いですが、

広告がを追っかけてくるため、

認知度アップに繋がりやすいのです。

ソーシャルメディア(SNS)の活用

SNSは、利用している人も非常に多いが

ネット上での、認知度向上には、

やりやすいメディアです。

その利用のほとんどが、無料で出来ます。

つまり広告費をかけずに、メディアへの

露出が出来ます。

ただこの無料SNSで、露骨に

企業が宣伝をしているのは、

SNSでは、よく思っていないのです。

SNSの代表である、Facebookは

広告をタイムラインに流している

個人・企業については、

アカウントの停止等の処置

を行っています。

無料SNSの露出については、

コンテンツ提供により、自社のページ

への誘導が有効です。

ニュース広告

2016年1月現在、1番効率の高い広告

がニュース広告です。(費用対効果が高い)

Yahooや ソーシャル、無料のニュースアプリ等で

ニュースの間に入れる記事広告の事です。

これは、広告と表示されているものと

されていないものがありますが、

読んでいる人がニュースだと思って、

読んでいるものが実は広告だった

というものです。

ニュース広告を読んだ最後に

ランディングページへ誘導して

商品やサービスを購入していただく

通常ネット上の見込み客に対する、

コンバージョン率は1%と言われていますが、

これは、3~4倍と言われています。

そのため効率の良い広告となっています。

SEOやSEMの実施

ネットマーケティングにおいて、

SEOやSEMはよく耳に入るものです。

SEOは、Search Engine Optimization サーチエンジン最適化

SEMは search engine marketing. サーチエンジンのマーケティング

検索エンジンの代表である、

Google や Yahoo!において、

SEO場合は、上位表示をする事の意味をいっており、

SEMは、上位表示をさせて、自社のサイトへの流入数

を増やす事で、コンバージョン(売上げや問い合わせ)を増やす

のが目的となります。

GoogleやYahoo 等検索サイトは、通常

顧客があるキーワードを使って検索

をすると、その検索結果と応じて、

関連性の高いサイトを表示します。

その後、どのサイトをクリックするかは、

検索した本人次第ですが、統計上

クリック率は、

1位 18%

2位  10%

3位 7%

4位 5%

5位 3%

10位で1% とつづきます。

つまり 2ページ以降は1%以下しかクリックされません。

そのため、やっきになって、上位表示を目指すのです。

これは、インデックスつまり

ネット上の目次みたいなものですので、

上位表示する事で、リスティング広告と

同じ効果が見込めます。

つまり 無料の広告となります。

 

サイトの上位表示については、検索サイトが、

スパイダー、ボットと言われるインテックスリスト

の順位を決めるプログラムが

あなたサイトの中身を上から下まで見ることで、

キーワード毎で表示する順位を決めています。

そのルール実に400と言われており、

公開はしていません。

SEO業者とよばれる会社は、様々な裏技

を考えて、きますが。これら短期的な対策は、

Googleから嫌われて、アップデートの度に使えなく

なってきています。

 

例えば、昔であれば、

化粧水を販売したい業者 ホームページに

“化粧水”というテキストを100個ぐらい並べて、

でもユーザーに見られると問題だから、

背景とフォントの文字を同色にする事で

機械から見えて、人間からは見えない、

こんな裏技が過去ありました。

これらは、スパムサイトと言って、

Googleから嫌われているサイトで現在では、

ペナルティーを受けます。

 

代表的な検索エンジンは2つですが、

そしてはYahooはは、現在Googleの検索エンジンを利用

しているため、Googleのインデックスポリシー

のみを理解すれば、十分ですが、

昔からポリシーはあまり変わっておらず、

「優良なコンテンツを上位表示する」

になっており、最後は、人が見て

優良と思うものが、上位表示するように

日々プログラムのアップデート

をしているのです。

 

そのため、提供するコンテンツは、

みんなが、見たいサイト作りに

力を入れる事で、自然と上位表示するのです。

 

商品の販売

ネットマーケティングでは、

最終目標は、あなたの

商品やサービスを販売して、売上げに

繋げる必要があります。

そのためには、ランディングページと

言われる広告文を書くことが必要です。

現在ランディングページは、必要無いと

いう人もいますが、

売上げの割合が変わりますので絶対に必要です。

店舗型の経営と比較して、ネットマーケティングでの

集客はお金がかからないのですが、

実際販売につながる割合としては、約1%と言われています。

製品を1個売るためには、見込み客が100人

必要なのです。

 

ただし、これが、専門性の高いサイト

つまり、限定された、顧客の場合これが統計上

10~20%に上昇すると言われています。

もちろんこの場合は、流入数は減りますが、

その商品やサービスに興味のある集団となります。

より専門性の高い製品が販売できます。

会員向けサイトの構築

ネットマーケティングの場合、

家の近所の店と異なり、

1度買い物をしても、再度訪問

する可能性は、非常に低いです。

そのため、1度購入した顧客をリスト化して、

定期的に、連絡や広告を送って、

関係性の向上の必要があります。

 

そして、リピーターとなってもらう必要があります。

通信販売で、1度でも買い物をすると

何回もカタログやダイレクトメール

が送られたりしませんか?

その商品やサービスが 良いと思えば、

濃い顧客となってくれて、

もしかしたら、

あなたやあなたのファンに

なってくれるかも知れません。

ファンとなれば、継続的な販売も夢ではありません。

 

参考資料

ネットマーケティング検定

会社や自社サイトの認知度を向上させるには身近にあるあの3つが鍵だった・・!

1位でも18%? 同じ検索順位でもクリック率は前より下がっている? など10+2記事(海外&国内SEO情報)