web集客で重要なのは、Webページのテーマ属性をきちんと決める事です。そのためのメインキーワードとなるものを、キーワードプランナーを使って選定しましょう。

Webサイトの「テーマ」を決めましょう

メインキーワードを決める

あなたが作ろうとしている、webサイトはどんなテーマを考えていますか?

メインキーワードは、非常に重要なものですので慎重に決める必要があります。

 

キーワードプランナーを起動させて、調べる

メインキーワードを決める時には、必ずキーワードプランナーをあらかじめ、起動させておいて、良さそうだと思ったキーワードを入れて、検索してみて下さい。

メインキーワードの理想は、月間検索数5,000以上ですが、1,000以上でも可能です。

この場合は、競合性は無視してもかまいません。

月間検索数が1,000未満は、需要が少ないと考えた方が良いので、避けましょう。

メインキーワードの決め方の例

店舗を持っている仕事

店補の代表として、ラーメン屋を例にします。

例えばキーワードプランナーで、

“ラーメン”を検索すると、月間検索数 550K

キーワードプランナー

ラーメンの 様々な記事を書くのであれば、非常に良いですが、

自分が経営するラーメン屋(店舗)に集客を目的とする場合、キーワードを絞る必要があります。

“ラーメン 東京”のように 東京のラーメン屋とイメージが出来るようなキーワードが望ましい。

北海道で、ラーメン屋を探している人はこんな キーワードは叩かないですよね。

都内で、ラーメン屋を探している人が ”ラーメン 東京”

という キーワードで検索をしますよね。

月間検索数は、”ラーメン 東京”で 月間検索数が6,600です。

自分の店舗が 新宿にある場合

“ラーメン 新宿”の方がさらに良いです。

月間検索数は、4400となりますので、程よく絞れました。 

 

また、ラーメンの場合も種類がありますので、

“とんこつラーメン”、”醤油ラーメン”、”みそラーメン”などで絞っても良いです。

そして実は一番重要な事ですが、

キーワードの選び方です。

“ラーメン”は、言葉ではいっしょですが、”らーめん”、”拉麺”、”ラーメン”では、検索数が異なります。

“ラーメン”では月間検索数が、550Kありますが、拉麺では、1,000に落ちてしましまいます。

そのため、キーワードとしては、需要の多い”ラーメン”を使う事が望ましいのです。

今回、ラーメンをテーマで書きましたが、八百屋、金物屋、魚屋、整体、美容院などの店舗系のお店で可能です。

専門家

専門家つまり、その道での第一人者的な事になれば、非常にいろいろなテーマが可能です。目的としては、そのWebページへの集客が重要になりますので、なんでも可能になります。

先ほどの店舗系のラーメンなんかも良いテーマですが、最初は、味噌ラーメン、とんこつラーメンなどをメインテーマにしていき、スープに使用する材料の話、麺の作り方、おいしい店舗情報なんかも、非常におもしろいコンテンツになります。

また、ネジ専門のコンテンツ、LED専門のコンテンツ、焼き肉でも豚のみにこだわったもの、ある意味趣味でも可能です。

ただ、常に、競合性が少なく、レアと思われるものをテーマに選定する必要があります。

まとめ

ただ、店舗系にしても、専門家にしても、重要なのは、あなたが、作ったコンテンツに興味がある人が、ある程度以上いるかにかかってきます。つまり最終的には、あなたのページを見た人が、あなたの仕事の見込み客となっくれるからです。

そのため 必ず、

キーワードプランナーで検索をして確かめて下さい。

メインキーワードは、最低 月間検索5,000以上 理想は、10,000以上は欲しいです。

ただ、専門的過ぎて、需要もそれほどなくても、自分が第一人者的な立場になれるなら 1,000程度でも問題ありません。

これは、後のカリキュラムを見ていけば、その理由もおのずと判ると思います。

ただ、なるべき競合性の低いものを選定しましょう。