LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

活性酸素とは、人が生命活動をする上で、必ず排出されるものです。

通常は、それによって外敵を攻撃しているが、余分な活性酸素も生まれてしまいます。

これが悪玉活性酸素です。

その余分な悪玉活性酸素は、自身の細胞を外敵と見なして、攻撃する事で病気の原因になったりします。

悪玉活性酸素の悪巧みとは、何がおこっているのか

水素と活性酸素の秘密

そもそも活性酸素って何?

老化や病気の一因として耳にする「活性酸素」。

身体を酸化させ、老化や生活習慣病の一因となる、悪者イメージの活性酸素ですが、果たしてこの活性酸素ってどんな物なのでしょう?

生きていく為に酸素を吸っている人間は、活性酸素によって酸化=老化とは切っても切れない縁なのです。< 呼吸で取り込んだ酸素のうち約2%が化学的に活性になって非常に強い酸化力を示す物質に変化し活性酸素が発生します 。

活性酸素は、環境汚染(排気ガス・放射線・紫外線・水質汚染・大気汚染)、異物混入(細菌・ウィルス・カビ・タバコ)、激しいスポーツ、ストレス、病気等の影響によっても体内で大量に発生します。

実は活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があって全てが悪者ではありません。
善玉活性酸素(スーパーオキシド等)は、 高い反応活性により、外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物等を殺菌・除去する役割を持っていて、神経伝達や血管新生、 免疫力向上等で生命維持に必要なものです。
悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル等)は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて身体を酸化=老化させて、病気や老化を促進させる悪い活性酸素です。 ですから善玉・悪玉両方の活性酸素を全て除去してしまうと免疫力が下がってしまうのです。酸化=老化させない為には、悪玉活性酸素だけを除去する事がカギになってきます。

水素が抗酸化物質の中でも優れている訳は!

一般的にビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどの酵素を多く含む「抗酸化食品」を摂る事で、活性酸素を減らせる事は有名ですが、それらの食品は全ての活性酸素と反応するので、体に必要な善玉活性酸素まで減少させてしまうのです。 更にそれらの食品は抗酸化物質だけではありませんので、消化吸収した後に老廃物も発生して老廃物がまた酸化してしまいます。

水素が他の抗酸化物質と最も違う点は、善玉活性酸素には反応せずに悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水に変わる事です。 更に他の抗酸化物質は、分子が大きいので脳の中に入ることができませんが、 水素は最も小さい原子なので、脳のフィルターまでも通過して脳の中にまで入っていけます。
水素は水にも油にも溶けるので、脂質の細胞膜を通り抜け、細胞内にも入れます。

水素は厚生労働省から食品添加物として認められておりますし、悪玉活性酸素と反応しても無害な水に変わるだけなので取りすぎても体に害はありません。
水素が悪玉活性酸素を除去出来る事で、医学者や化学者が老化や病気の治療や予防に役立てられないかと研究を進めています。

水素が悪玉活性酸素だけと反応して水に変わる!

なぜ、水素は体に害のある活性酸素だけを取り除くことが出来るのでしょうか?
活性酸素には、「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」の2種類があります。

善玉活性酸素(スーパーオキシド等)は、高い反応活性により、外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物等を殺菌・除去する役割を持っていて、神経伝達や血管新生、免疫力向上等で生命維持に必要なものです。
悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル等)は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて身体を酸化=老化させて、病気や老化を促進させる悪い活性酸素です。

この善玉と悪玉の活性酸素には性質の違いがあり、その違いが水素と関係してくるのです。 善玉活性酸素と水素は同じ球体同士でお互いに反応しない性質を持つのに対し、悪玉活性酸素はギザギザしていて吸着力が強く水素と反応しやすい性質を持っています。 反応しにくい性質同士の善玉活性酸素と水素は反応することなく、吸着力の強い悪玉活性酸素とのみ水素が反応して無害な水に変わります。

水素水のQ&A

Q.水素水の保存容器は何がいいですか?
A.水素は粒子が非常に細かくて、ペットボトルやプラスチックも通り抜けてしまうので、ペットボトルやプラスチック容器は避けましょう。アルミパックも長期間おくと口の部分のプラスチックから水素が抜けてしまいます。更に水素は酸素に触れると還元して水に変わってしまいます。 水素水の適切な保存方法は、水素を通さないアルミボトルに酸素が入らないように口っきり水素水を入れてから封をして下さい。

Q.水素水は1日にどの位の量をいつ飲むのが理想ですか?
A.活性酸素は起床時、運動、喫煙、飲酒やストレス等で大量に発生します。ダイリーグの選手が試合中に水素水を飲んでいる事は有名ですが、 起床時・運動後・喫煙後・会議後やストレスを感じた時にこまめに1日1リットルを目安に飲む事をお勧めします。

悪玉と善玉がある活性酸素について

活性酸素は身体によって良い働きをする善玉と細胞を錆びつかせたり老化を引き起こす悪玉の2種類あります。

活性酸素の4種類と悪玉と善玉の活性酸素の働きについて 

活性酸素には、ヒドロキシラジカル、一重項酸素、過酸化水素、スーパーオキシドの4種類があります。

一般的には活性酸素は体に悪影響を及ぼすものと考えられていますが、それは悪玉活性酸素のことであり、体にとって有益な働きをする善玉活性酸素といわれるものもあります。

悪玉の代表格はヒドロキシラジカルです。きわめて反応性が高く、体の組織を酸化させることで、老化、癌、リウマチなどいろいろな病気を引き起こします。 また、ヒドロキシラジカルは糖質、タンパク質、脂質、DNAなどあらゆるものと反応していく性質を持っています。

ヒドロキシラジカルは反応性が高い分、発生してもごく短時間で消えるとされていますが、脂質の酸化は連鎖的に進んでいくためやっかいです。 過酸化脂質は血管の内皮細胞を傷つけるため、動脈硬化の原因になります。

一重項酸素は皮膚に紫外線が当たった際に発生するもので、肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンというタンパク質を分解することで肌の老化を促進します。

善玉の代表格は過酸化水素です。これは、体に侵入してきた細菌を退治するために白血球が出す活性酸素で、生体防御メカニズムのひとつになっています。 しかし、体内にある鉄や銅が触媒になってヒドロキシラジカルに変化するため、善玉といっても安心はできません。

悪玉活性酸素だけ除去できるのが水素水!?

いわゆる抗酸化成分というのは善玉活性酸素を含めた4種類の活性酸素すべてを除去してしまうといわれています。しかし、 ここ最近、抗酸化という話題によく上る水素水の場合、嘘かまことか悪玉活性酸素のヒドロキシラジカルだけ除去できる効果があるといわれています。

といえば聞こえはいいんですが、今のところ水素水の効果については未知数です。

さも市民権を得たように抗酸化対策には水素水が不可欠という風潮になっていますが、これは水素水を売る販売業者が作り上げているものがほとんどであって 医学的、科学的には水素水の効果というのは半信半疑の状態です。

難治性の病気にかかっている人や家族にそういう人がいる場合、水素水の説明を読むと少しでも病気が楽になる、症状が緩和されると思ってしまうぐらい、 水素水は素晴らしいという内容がこれでもかと踊っているわけですがいまのところ全く根拠がない話だということは覚えておいてください。

活性酸素とは

人は、呼吸により酸素を取り込みます。その酸素のほとんどは水素と結合して水になりますが、一部は結合せずに活性酸素となってしまいます。体内に入る約2%の酸素が、活性酸素として発生すると言われています。

活性酸素とは何か

活性酸素は、細胞がエネルギーを生成する際に必ず発生するものです。

問題なのは、体内に活性酸素の量が増えすぎること。細菌や有害物質が体内に入った場合や、過度なストレスやスポーツ、紫外線などの刺激が、活性酸素を過剰に増やす原因として挙げられます。

活性酸素を除去することによって、病気、老化の進行を予防する効果もあります。細胞や遺伝子のダメージをきっちりとケアし、身体を健康に保ちましょう。

活性酸素には善玉と悪玉がある?

活性酸素はすべて悪いものと思われがちですが、実は身体に有益な善玉活性酸素と、悪影響を及ぼす悪玉活性酸素の2種類があります。

〇善玉活性酸素

呼吸や食べ物によって体内に侵入してきた細菌・ウイルス・有害物質等を撃退するために、白血球から放出されます。風邪や病気などから身体を守る免疫作用を持つ、重要な物質です。
〇悪玉活性酸素
さまざまな原因で過剰に作り出された活性酸素は、正常な細胞や遺伝子を傷つけ、さまざまな被害をもたらします。また、体内にある不飽和脂肪酸と結合することで酸化し、過酸化脂質に変化。過酸化脂質は細胞を老化させ、身体を錆びさせてしまいます。人の老化や病気の原因となるのは、この悪玉が主な原因であると言われてます。

 

以上のことから、活性酸素をすべて取り除いてしまうのはNG。大切なのは、身体に悪い悪玉活性酸素だけを取り除くことです。

高い抗酸化作用を持つビタミンCなどは、善玉も悪玉も関係なく取り除いてしまいますが、水素水には体に悪影響を及ぼす悪玉活性酸素だけを除去する作用があります。

活性酸素が人体にもたらす影響

活性酸素は、全身の細胞に影響を与える物質です。増えすぎると体内のあちこちで結合できる相手を探しまわり、手当たりしだいに結合して酸化を促進させていきます。

過剰な活性酸素による酸化こそが老化・病気の元凶であることが、近年の研究により明確になってきました。病気には数多くの種類がありますが、現代の病気の90%以上は活性酸素が関わっていると言われています。活性酸素によって細胞が傷つくと、内臓・皮膚・骨などの組織がダメージを受け、老化や病気になる可能性が増えていきます。

人の身体は60兆個の細胞で出来ていますが、そのすべてが活性酸素の危険にさらされています。最も怖いのは、活性酸素が細胞の奥深くまで侵入してしまうこと。細胞の奥には遺伝子(DNA)があり、遺伝子が傷つくとガンになる恐れがあるのです。

また、活性酸素と不飽和脂肪酸が結合してできる過酸化脂質が皮膚で発生すると、シミ・しわ・くすみなどの原因になりますし、血管内に増えれば動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞の原因となります。

活性酸素が人体や健康、美容にもたらす影響は多大なもの、抗酸化物質を積極的に摂取し、体内の活性酸素量を減らすことが大切です。

参考資料

 

水素と活性酸素の秘密

悪玉と善玉がある活性酸素について

活性酸素とは

水素が健康に影響する7のポイント

水素水が病気を治す!?治療に繋がる5つのポイント

水素水の効果は本当なのか5つの疑問

水素水の生成器は何が良い?選ぶべき3つのポイント

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket