LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

水素水の作り方

話題の「水素水」は自分で簡単に作ることができ、市販品を買い続けるよりも

実は、手軽に飲めるのが魅力です。

自分で水素水を作る2種類の方法について、それぞれの作り方と注意点を取り上げます。

水素水は自分で作れる

自分で簡単に水素水を作ることができると、買い置きを心配することなくいつでも飲みたいときに好きなだけ水素水を飲むことができます。また、値段によりますがパッケージ詰めで市販されている水素水を長期にわたって買い続けるよりもコストメリットが出るケースもあります。

現在、自分で水素水を作る方法には、「マグネシウムスティック」を購入し、水道水から作る方法。そして「水素水サーバー(電気分解装置)」で水素水を生成する2種類の方法があります。

マグネシウムスティックは、手が届きやすい価格の商品が多く、お試しの場合や手軽に水素水を試してみたいという方に取り入れやすいでしょう。

マグネシウムスティックでの水素水の作り方と注意点

(1)作り方

化学反応を利用して水素水を作るのが、マグネシウムスティックを使った方法です。マグネシウムだけを買うことは難しいのですが、マグネシウムを含んだセラミックスをスティックタイプにした製品が販売されています。

このマグネシウムスティックを家庭の水道水と一緒にペットボトルに入れておくだけで水素水を作ることができます。

(2)マグネシウムスティックの注意点

最も注意したいのは、マグネシウムの濃度です。マグネシウムの含有量はそれほど多くないため、水素水の味が気になったり、身体に何か影響を及ぼしたりすることはありません。

しかし、飲用で使うものですから、なるべく純度の高いマグネシウムを用いた製品を選ぶと安心です。そして、水素水を作り続けると、マグネシウムスティックは次第に小さくなります。そのため、含有量はなるべく多いほうが長持ちすると言えるでしょう。

また、水素水を作る容器の中に空気が存在すると、その空気中に発生した水素が逃げてしまいます。水をこまめに継ぎ足し、余分な空気を残さないようにすることをオススメします。

水素水サーバー(電気分解装置)での作り方と注意点

(1)作り方

水は、電圧によって電気分解を起こし水素を発生させますが、水素水サーバーはこの仕組みを利用しています。こういった電気分解によって発生する水素の粒子は小さく、酸素と結合しやすいのが特徴です。

水素水サーバーの場合、先に紹介したマグネシウムスティックとは異なり、化合物が残らないため不純物を含まない水素水を飲むことができます。

(2)注意点

水素水サーバー本体は、いずれのメーカーの商品も価格が高めのようです。購入に際しては、十分に検討しましょう。また、定期的なカートリッジ交換が必要ですので、初期コストだけでなくランニングコストも考慮したほうが良いでしょう。

 

参考資料

自分でできる?水素水の作り方

水素が健康に影響する7のポイント

水素水が病気を治す!?治療に繋がる5つのポイント

水素水サーバーで、毎日ゴクゴク水素水生活

水素水の生成器は何が良い?選ぶべき3つのポイント

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket