LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

キレイになるためには、水をたくさん飲むと良いと言われていますが

実際どうなんでしょうか?

実際メリットデメリット両方があります。

 

水をたくさん 飲んでどうなった。

モデルや女優も多数実践!ダイエット中に水をたくさん飲むと良いのはなぜ?

多くのモデルや女優たちが、美しさやスタイルを維持するために実践しているのは、水をたくさん飲むこと。
これはかなりよく聞かれる方法ですが、水を多く飲むことが何故良いのでしょうか?水分で空腹が紛れる…?もちろん、それだけではありません。

①代謝が上がる

体脂肪を燃焼させるには、体の代謝がスムーズに行われていることが非常に重要です。水をたくさん飲むことで、血液やリンパなど体液の循環が良くなり、代謝を高めることに繋がります。代謝が高まるということは、エネルギー消費量が増えますので、その分脂肪を燃焼させやすくなります。
反対に水分が不足すると、血液の濃度が高まり血流は悪くなります。すると体全体に栄養素や酸素が十分に行き渡りにくくなり、代謝はもとより体の機能自体が低下してしまいます。

②腸内環境が良くなる

腸内環境は、美容・健康・ダイエットの観点で非常に重要なファクターです。
便秘になるとお腹が張るなどの不快感だけでなく、腸内の悪玉菌が増え有害物質を発生させ、腸内環境が悪化します。これが腸から吸収され血液によって全身に巡り、肌荒れや様々な病気の原因となったり、代謝が低下してやせにくい体にもなってしまいます。

便秘の予防や解消には、水分を十分量摂る必要があります。便秘で硬くなった便が水分を含むので排出しやすくなり、また、水分によって便のかさが増し、腸のぜん動運動を促進。便通を起こさせます。

1日を通じてこまめに水分補給をすることを基本に、朝起きたらまずコップ1杯の常温の水を飲むと、より効果的です。

③デトックス効果

血液により回収された体の老廃物は、腎臓でろ過され、不要なものは尿から排出されます。水分をたくさん摂ると尿量が多くなり、自然にデトックスに繋がります。

この一連の働きを促進するには、やはり水分が必要です。

人間は汗や尿などから、1日約1.5リットルの水分が出ていきます。これを補うためには、やはり食事や飲み物から水分を摂るほかありません。

 

水や、砂糖の入っていないノンカフェインのお茶(麦茶、ルイボスティー、ハーブティーなど)を飲みましょう。温かいハーブティーは特にオススメです。

■水太りする人は?

「水太りするタイプだから」と言って、水を控えるのは厳禁です。
体に必要な水分を補給しないことが代謝を落とし、便秘の原因や、暑い時期なら熱中症や脱水症状などを引き起こしかねません。

体の仕組みとしては、水を飲んでそれが体内で脂肪に変わるということはまずありません。代謝機能が正常な人であれば、飲んだ分は汗や尿として排泄されます。

水太りやむくみは、体内の塩分が多くカリウムが少ない場合に起こります。カリウムを多く含む野菜や果物を積極的に食べるようにしましょう。代謝が落ちている人も水太りやむくみが起きやすいです。水分をこまめに摂り、体を動かし血行を促進したり、体を温めることを心掛けてみてください

【水分の摂り方】

●水分と言っても、飲み物なら何でも良いわけではありません。

糖分を含むジュースやカフェイン飲料(コーヒー、紅茶、緑茶など)、アルコールはNG。カフェインやアルコールは利尿作用があるため、体の水分が必用以上に出て行ってしまいます。

水や、砂糖の入っていないノンカフェインのお茶(麦茶、ルイボスティー、ハーブティーなど)を飲みましょう。

●浄水器の水、又は市販の水にしましょう。軟水・硬水はお好みでOK。常温であれば炭酸水も良いでしょう。

●一般的な運動量の人は、1日に飲む量は2リットルを目安に。多いほど良いわけではありません。また、一気飲みは腎臓に負担がかかるためNG。起床時、食事中や食間、運動の前後、入浴前後など、こまめに分けて飲むようにします。

●常温か白湯を飲むようにします。冷たいと胃腸の機能が低下してしまいます。

●喉が渇いたと感じる前に飲むようにします。起床時、就寝前、午後の休憩タイム、入浴前後、などのタイミングで補給しましょう。

●常温の水では飲みにくいと感じたら、レモン汁やミントを浮かべてみてください。カロリーゼロでも風味が付けられます。

水をたくさん飲むと毒素排泄できて、肌がうるおう?

水をたくさん飲むと体内の毒素が出るため、代謝が上がって肌がうるおうというお話。

 

どこかできいたことがありませんか?シャレコもお客様から「美肌のために、毎日水を2リットル飲んでいるのよ」という話をよく耳にします。

 

本当に、水をたくさん飲むだけで肌がうるおうの?

美肌の定説になっている「1日2リットル」という量。どうして定着したんでしょう? 

それは「体内のリンパを流すために必要な水が1日2リットル程度」とされているからのようです。

でも、体格や生活環境はひとりひとり違いますよね。必要な水の量も、当然違ってくるはずなんです。
また、肌のうるおいは水そのものではなく、角質細胞間脂質(セラミド類)やNMF成分(アミノ酸など)で維持されています。

水を飲む=即うるおう、ではないんですね。また、水分を飲みすぎることで体を冷やし、それが肌にとって良くない場合もあります。

むくみやクスミの原因「水毒」って?

漢方では、体の水分がうまく出ていかずに起こる症状を「水毒」と呼んでいます。

「冷え・アトピー・鼻炎・疲労感・むくみ」など、どれも美肌の大敵ばかり。そのまま放っておくと、シミやシワ、ホウレイ線やたるみ、などにつながってしまいます。
 
体に水がどんどん溜まると、むくみが出やすくなりますよね。

胃腸は冷え、リンパの流れも悪くなります。代謝もどんどん落ちて、肌はうるおいにくいインナードライに。

シミもできやすくなり、肌はくすんでしまう…。と、悪循環にはまるんです。

もしもこんな風に、“美肌のため“に行っていることが、逆に肌トラブルを引き起こしていたら、ガッカリですよね。

※ 簡単なチェック方法です。2つ以上あてはまる方は、水毒の疑いがあるかもしれません。
 

◆夕方になると足がむくみ、靴下の跡が残る
◆下痢をしやすい体質だ
◆水っぽい、薄い鼻水がよく出る
◆寝汗をかきやすい
◆水を飲むと、お腹がチャポチャポと鳴る

じゃぁ、水を飲むのは逆効果なの?

もちろん、そんなことはありません! 

ただ、飲み方にちょっとした“コツ“がいるのです。実は、水をたくさん飲んで美肌づくりに成功した人は「運動量がとても多い」ということを、知っていますか?

飲んだらしっかり体を動かせば、水分がきちんと排出されて、むくみは解消されます。

胃腸もあたたまり、リンパの流れもとどこおらずスムーズに。代謝も上がり、肌が内側からうるおいシミやくすみも解消…! と、水毒とは逆の、良い循環が生まれます。

今までの飲み方で効果のあった方は、今のまま続けられたらと思います。

でも、効果が出づらく“ただなんとなく”飲んでいる方は、

●「冷水」ではなく「常温水もしくは白湯」を
●「一度に大量」ではなく「数回に分けて適量」を
●睡眠前は「コップ1杯」を目安にし、飲み過ぎない
●毎日、短時間でも運動をする

といった“コツ“を参考にされてはいかがでしょう。

特に冷え性の方には、白湯がおすすめですよ。

今までの飲み方をちょっと変えてみたら、きっと美肌に近づくのではないでしょうか。

水は多量に飲むな!三日坊主なら運動するな!健康にまつわる言説の間違いに迫る

「○○を食べると体にいい」「○○は健康を阻害する」など、世の中には健康にまつわる言説があふれています。そのほとんどはもっともらしく、健康に不安がある人ほどつい「試してみるか」と思ってしまうものですが、それらの中には間違っているものもあると指摘するのが、女性治療家塾「ヘルメス」の塾長で『「3つの体液」を流せば健康になる!──血液・リンパ液・脳脊髄液のしくみと流しかた』(自由国民社/刊)の著者、片平悦子さんです。

 片平さんはこの本で、血液・リンパ液・脳脊髄液などの「体液」が健康に対して担っている大きな役割を説くと同時に、実は間違っている健康にまつわる言説にも触れています。

●水を多量に飲むと腎臓に負担

 「水をたくさん飲むようにすると、代謝がよくなって健康にいい」という、広く知られた言説があります。これはいかにも正しそうに思えますし、頻繁にトイレに行くようになりますから、代謝が良くなった気にもなります。

 ただ、これが「健康にいい」かというと、そうともいえないようです。頻繁にトイレに行きたくなるほど水を飲むのは、水分のろ過装置である腎臓に大きな負担をかけます。その結果、腎臓が疲れた状態になり腎機能が低下、気力がでなかったり、根気がつづかなかったり、腰痛が出たりといったことになります。

 また、水を大量に飲むと体が冷え、体全体の臓器の機能低下にもつながります。水を飲むこと自体は悪いことではないのですが、できるだけ常温で飲む、口に水を含んだら少し口の中で温めてから飲み込む、トイレが近くなるほど飲むのは避ける、といった配慮が必要です。

●急な思いつきの運動はやらない方がマシ

 「運動は健康にいい」というのも、疑う人はあまりいないはず。しかし、これまで運動をしてこなかった人が運動を始めて、しかも継続するというのはかなり大変なことです。結局三日坊主で終わってしまったという人は少なくないでしょう。この三日坊主がよくありません。

 片平さんによると「一番体に負担なのは、激しく心拍数を上げることを時々思い立ったように行うこと」。最低週に2日以上できないのであれば、いっそやらないほうがいいのだそうです。

 それよりも、床掃除をしたり、エレベーターはやめて階段を使うなど、ほんの少しの運動を日常的に取り入れた方が、健康維持という観点では効果的だといいます。

●「痛みが消えた=治った」は勘違い

 たとえば、何カ月か苦しんでいた腰の痛みが、投薬によって消えた時、私たちはそれを「腰痛が治ったサイン」だと思ってしまいがちです。しかし、これは危険な勘違い。「痛みが消えた=治った」ではありません。

 この場合、投薬によって痛みが治まっているだけであって、痛みの原因にアプローチしたわけではありません。しかし、若いうちは痛みが治まれば動けますし、少し休むと回復するので、この勘違いになかなか気づけないまま、薬を飲んでは無理を重ねてしまうケースがあります。

 その“つけ”は体に無理が利かなくなる40代ごろから「何をやっても良くならない」状態となって表れるのです。

 健康とは、少しくらい調子を崩しても自力で回復する“自然治癒力”の高い状態です。

 本書では、その状態をつくるためのポイントとして「体液を滞留させずに流すこと」を挙げ、その方法を解説しています。病気にならない体をつくるというだけでなく、肩こり頭痛などにも効果的なので、慢性的な体の不調に悩まされているという人は、試してみるといいかもしれません。

 

参考資料

モデルや女優も多数実践!ダイエット中に水をたくさん飲むと良いのはなぜ?

水をたくさん飲むと毒素排泄できて、肌がうるおう?

水は多量に飲むな!三日坊主なら運動するな!健康にまつわる言説の間違いに迫る

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket