LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket

水素と健康は非常に高いような、話題が多いですが、

実は、これを真面目に研究していた人たちがいます。

その歴史の中で、水素が健康に影響があるのではとの話があります。

田だし、まだまだ完全に解明されている事ではねないのですが、

その一部をひろう致します。

“水素水”の健康効果 – 解明の軌跡

世の中には、「この水には病を癒す力がある。」とか、「お医者さんでも治せなかった病が水で治った。」といった話は、古今東西多々ありますが、極身近に存在する水にそのような力があるとは、にわかには信じがたく、何か宗教めいた霊験あらたかな力のお陰じゃないかとか、ニセ科学だ、悪徳商売だなどと非難される方もおられました。

しかし、私たちの体のおよそ3分の2は、“水”です。
私たちの生命は体内を流れる水によって育まれています。
そして、近年の医学的な臨床事例や学術的な研究成果から
「病を癒す奇跡的な水の力の正体とは何なのか?」
が科学的に少しづつわかり始めてきました。

水素は活性酸素を除去できる。

最近注目された研究論文は、2007年(平成19年)5月にアメリカの科学雑誌「Nature Medicine」にて発表された日本医科大学大学院 細胞生物学の太田成男教授らによる「強い酸化力でタンパク質や遺伝子の本体であるDNAなどにダメージを与え、がんや多くの生活習慣病を引き起こすとされる活性酸素を、水素ガスで効率的に除去できることを動物実験で突き止めた。

水素をとけこませた水の影響を培養細胞で調べたところ、酸化力が強くて体に有害な「ヒドロキシルラジカル」という活性酸素を除去できることがわかった。」といった内容の論文です。

この論文は、従来の医療の常識から判断すれば画期的な内容であるが故に様々な注目を集め、新聞やテレビニュースなどのマスコミにも取り上げられ、この論文の発表以後、水素の健康効果に対する関心が高まり、“水素”を体内に摂り込むための“水素水”“水素サプリメント”など様々な商品が数多く出回っていますが、水素の健康効果というのは何も太田教授の論文発表に端を発して突然起こり始めたものではありません。

「マイナス水素イオン」の存在についての見解

太田教授が、2007年に論文を発表される10年前の1997年(平成9年)九州大学の白畑實隆教授によって『電解陰極水中に生成される活性水素が活性酸素を消去する』といった主旨の論文が、アメリカ生物科学誌「BBRC(BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS)」誌に発表され、これ以降、“水に溶け込む水素による治癒効果”が多くの医学者や科学者に注目され研究され続けてきました。

今日では、「本当に水素が健康によい影響を及ぼすのか?」という真偽を確かめることよりも、
“水に溶け込む水素が、健康に良い影響を及ぼすのは何故か?”という謎を科学的に解明することが、学術研究者の主な関心事となっており、今なお、そのメカニズムが完全には解明され尽くされていないために様々な議論が起こっています。

また、“アルカリイオン水”とか“電解還元水”と呼ばれる水、つまり、水の電気分解によって陰極側(マイナス極側)で作られる電解陰極水は、その誕生から50年以上にわたって健康に良い水として多くの愛用者に支持され続け、『電気分解による陰極水は健康に良い影響を及ぼす』という事実は、その理由は長年不明であったにも関わらず、その体験者や一部の医療関係者の間では確かな現実となっていました。

実は、水には下記のような物理的特性があることは一般的によく知られています。

水は、還元されると(電子を与えられると)、水酸イオン(OHが生成され弱アルカリ性になるとともに、水素(H)も生成されて溶存水素量が増える。

このように水を電気分解した時の陰(マイナス)極側にできる“アルカリイオン水”や“電解還元水”は、水素が豊富に溶け込んだ“水素水”となります。

これは、はるか昔からよく知られていた化学的現象だったのですが、“水素”が生体に良い効果があるという医学的現象には長年誰も気付かなかった。化学的に単純で当たり前過ぎたために、医学的な研究対象としての価値が見過ごされてきたのです。

むしろ、水素ではなくアルカリ性を示す水酸イオン(OH)に着目してしまったために、“アルカリイオン水”という化学的根拠のない意味不明な造語まで生んでしまいました。
これらの結果として、水の電気分解装置の業界団体として『アルカリイオン整水器協議会』がある一方で、水を電気分解することによって生成される陰極水には、“アルカリイオン水”、“電解還元水”、“アルカリ還元水”、“水素水”、“還元水素水”、さらには、“アルカリ還元水素水”など様々な呼称が付けられていますが、それぞれの呼称ごとに明確な定義がある訳でも、呼称の違いによって水そのものの特性に格別大きな違いがある訳でもありません。

それでは、なぜ『還元水』『水素水』などの水に溶け込む水素が健康に良い効果を及ぼすことが注目され始めたのかその研究の軌跡を辿ってみましょう。

水素を含んだ飲料水

水を電気分解することによって、人工的に作られる“電解還元水(アルカリイオン水)”の原理は、200年以上も前、1800年にイギリス人、ニコルソンカーライルによって発見されています。しかし、飲用として水を電気分解する電解整水器が誕生したのは、1958年の日本だそうです。

水素を含んだ飲料水と言える“水素水”の起源は、1958年(昭和33年)に電気治療器の研究者であった諏訪方季(すわみちすえ)氏が考案された「シンノオル液製造器」(水の電気分解装置)の発明と言われており、
人工的に造られた“水素を含んだ飲料水”と言える水はすでに50年以上の歴史を持った水です

この「シンノオル液製造機」の発売直後から、電解陰極水であるシンノオル液を飲むと体調が良くなったという評判が立ち、マスコミにも取り上げられ、7年後の1965年(昭和40年)には、厚生省が「電解陰極水には、整腸効果が認められる。」といった内容の通達「薬発第763号」を出しますが、「なぜ、電解陰極水に、そのような力があるのか?」の謎を解明しようとする医学的な研究は全くなされないまま、その後は大きな話題になることもなく評判だけが口コミで静かに広まっていきました。

一般に認知されている『アルカリイオン水』という呼称は、「電解陰極水は、アルカリ性を示す水酸イオン(OHが豊富な水になる。」という特性をもとに、1980年代初頭(昭和50年代半ば)に某大手電気メーカーによってつくられた造語が、電解水の口コミとともに広まったものです。

その後、「シンノオル液製造装置」の発売からおよそ30年後の1992年(平成4年)8月、日本テレビの報道番組「きょうの出来事」の中で、“驚異の水”と題して神戸市西区にある協和病院の河村宗典院長による「電解陰極水を用いた糖尿病による壊疽の治療例」が紹介されます。

当時としては、報道の内容は医学会の常識を覆すほどの衝撃的な内容だったために、これがきっかけとなり、一時的な“電解水ブーム”が沸き起こります。大手電気機器メーカーも含め数多くの電解整水器メーカーが現れ、販売合戦が繰り広げられました。

しかし、その時点では、電解陰極水についての医学的・科学的な研究がほとんどなされていなかったために、治療効果についての確かな論証が見出されないまま、電解陰極水の効能についての誇大広告やそれに対する批判、『薬事法』違反ではないかという消費者からの苦情などが起こり、医療関係者や学術研究者、電解整水器メーカーなどの間で論争を巻き起こすこととなります。

そして、『国民生活センター』から電解整水器に対する批判的な報告が出されるとともに、厚生省から電解整水器メーカーに対する薬事法違反などの指摘があり、一旦、電解水ブームは沈静化するとともに、「所詮、水は水であって、薬のような治療効果などない。」という懐疑的な消費者心理を生み出す結果となりました。

ところが、この出来事がきっかけとなり、翌年の1993年(平成5年)に、厚生省の外郭団体として財団法人「機能水研究振興財団」が設立されるとともに、京都大学医学部糸川嘉則教授を委員長とするアルカリイオン水検討委員会にて、アルカリイオン水の効果・効能に関する本格的な学術的研究が開始されることになったのです。

活性酸素の消去剤は、電解還元水の中の 活性水素である。

報道番組「きょうの出来事」での『驚異の水』の放送から5年後の1997年(平成9年)5月には、

独自の立場で電解陰極水の研究を続けてこられた九州大学の白畑實隆教授が、「活性酸素の理想的な消去剤は“活性水素”であるといえる。“活性水素”とは、水を電気分解すると、陰極側で生成される還元水中に存在する反応性の高い原子状水素である。」といった内容の論文を、アメリカ生物科学誌「BBRC(BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS)」誌に発表され、再び電解陰極水は大変な注目を浴びることとなります。

そして、この論文発表を機に、水に溶け込む水素が注目されはじめ、「電解陰極水の活性酸素消去能の源は、豊富に溶け込んだ“水素(活性水素)”によるもの。」ということを強調するために、電解陰極水(電解還元水)のことを、「水素豊富水」、あるいは、「活性水素水」と呼び始めたことがきっかけとなり、『水素水』という呼称が使われ始めました。

コロイド状ミネラルが、活性水素のキャリアになる。

白畑教授が“活性水素”に関する論文を発表された当初、「反応性が高く、存在時間が極端に短い原子状水素が、水の中に単体で存在することはあり得ない。」という反論が起こります。そして、その後の白畑教授の研究により、2002年(平成14年)「陰極水中に電極から溶出した金属ナノコロイドが、“活性水素”のキャリヤー(運搬者)となり、ドナー(供与者)として機能する。」との新たな論文とともに、その検出法を水素ラジカルの検出方法及び定量分析方法として特許公開されました。

通常、水に電子(e-)を与える還元反応は、
2H2O + 2e => 2OH + H2
と表記され、生成される水素は水素分子になるというのが科学一般の常識です。
ところが、水の中に存在する一部のプラス水素イオンは、電子を与えられることによって、

H+ + e => H [原子状水素 (活性水素)]
H+ + 2e => H [マイナス水素イオン (ハイドライド)]

となり、原子状水素(活性水素)マイナス水素イオン(Hなどの反応性の高い活性状態のまま、電極から溶け出た金属ナノコロイド(コロイド状ミネラル)の表面に吸着される。あるいは、金属ナノコロイドの触媒作用によって、金属ナノコロイドの表面に付着した水素分子の結合力が弱められ水素そのものの反応性が高い活性状態となり、これらが分子状態の水素以上に強い還元力を示すというのが白畑教授の活性水素説です。

金属ナノコロイド(コロイド状ミネラル)というのは、直径が数ナノメートルから数十ナノメートルの超極微小な金属粒子で、水の中では沈むことなく浮遊しています。

このような有限個の原子が集まったサイズのコロイド粒子になると、電子は、通常の物質のように原子核に束縛された状態で特定の軌道に存在するのではなく、半自由電子のように金属ナノコロイドの表面を動き回るようになり、金属ナノコロイドは電気的な力によって原子状水素を吸着します。

白畑教授が2003年(平成15年)に執筆された自らの著書『人間の体に「本当に良い水」はこれだ!』の中で、「実験室レベルの研究では、単に水素ガスを充填した水では、還元作用を示さなかった。」と記されており、水素分子ではなく活性力の高い“原子状水素”が存在しなければ充分な還元力を持った水にはならないとしておられます。

究極の還元水マイナス水素イオンの発見

日本において電解陰極水がもつ病の治癒効果の解明が進められ、九州大学の白畑教授による“活性水素説”の論文発表が行われる10年以上も前の1986年にアメリカにおいて「Elixer of the Ageless (不老の霊水)」と題する一冊の本が出版されます。
この本は、アメリカの天才科学者パトリック・フラナガン博士によって、長寿の村として名高い『フンザの水』を20年近くにわたって研究した内容について書かれたものでした。

フラナガン博士が、フンザの水の研究から見出されたのは、「水に溶け込んだ強いマイナス電荷を帯びた極微小なコロイド状ミネラルが長寿の謎を解く鍵である。」という発見でした。そして、自らそのような特性を持つ極微小なコロイド状ミネラル粒子を試作し、その粒子を溶かした水がどのような特性を持った水になるか、そしてその水を飲み続けた人々の体にどのような変化が生じるかを調べ、遂には長寿をもたらすフンザの水を人工的に再現した『クリスタルエナジー濃縮液』の試作に成功されたのでした。

その後、フラナガン博士は数々の研究機関との共同研究を続け、最終的には特殊な製法によって作り出される強いマイナス電荷を帯びた極微小なナノメートルサイズのシリカ粉末『フラナガン・マイクロクラスター・シリカ』を開発されます。

この他には存在しないナノメートルサイズのシリカ粒子は、長年にわたる様々な研究の結果、膨大な数のマイナス水素イオンを吸蔵したシリカ水素化合物であり、水と反応してそのマイナス水素イオン(電子)を放出することで強い還元力を発揮することが解明されました。

そして、この強い還元力を持ったマイナス水素イオンを保持するシリカパウダーは商品化され、1997年に、当時アメリカの新興健康食品メーカーであったロイヤルボディーケア社から、世界初のシリカ水素化合物を用いた抗酸化サプリメント『MicroHydrin (マイクロハイドリン)』として発売されます。

さらにその後も、フラナガン博士は、自らが設立されたPhiSciences社にて研究を続けられ、2003年、遂に博士の生涯を賭けた研究の集大成としてフラナガン博士自身の名を冠するマイナス水素イオンサプリメント
『MegaHydrate (メガハイドレート)』がこの世に誕生しました。

シリカ水素化合物を応用した健康食品は、マイクロハイドリンの誕生から既に15年以上にわたる歴史と実績があり、発売当初から飲み続けてきた多くの愛用者の人々が、より若々しく健康な生活を送っているといった事実が、パトリック・フラナガン博士の研究の素晴らしさを実証しています。

このサプリメントが凄いところは、たった300mgのカプセル1個で、数兆個もの電子を放出する力を持っているということです。つまり、還元水や水素水を大量に飲まなくともこのカプセル1個をコップ1杯の水とともに飲めば、体内において膨大な数の電子が放出され、その還元効果によって大量の水素が生成されるとともに、体内の抗酸化作用が高まるということです。

実際、このシリカ水素化合物の粉末を水に溶かすと、シリカ粒子に吸蔵されたマイナス水素イオンが水と反応して膨大な数の“電子”を放出し、水は瞬時に還元されて水素が生成されるとともに酸化還元電位は急速に下がり、pH値は弱アルカリ性へと変化します。
そのまま密封して2~3時間放置すると、水との反応によって生成されたナノバブル状水素が過飽和状態まで溶け込み、蓋を取った瞬間にナノバブル水素が結合しあって生成された多量の気泡によって水は白くなります。

また、酸化して茶色くなったリンゴにこのシリカ水素化合物の粉末を振り掛けると、リンゴは瞬時に還元され元の色に戻ります。

水素の健康効果に賛否両論!

悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカル除去する特性(日本医大・太田教授)

一方で市場には「疑似商材」も
美容アンチエイジングにも有効、メラニン抑制明らかに

現存する分子の中で最小サイズである「水素」。優れた抗酸化作用があり、最も小さいゆえに脳細胞をはじめとする全身に隈なくいきわたることができる。生活習慣病の原因ともいわれる活性酸素を制御することもできるといわれる水素は、数年前から医療分野だけではなく美容・アンチエイジング分野でも活用されている。ただし、水素は分子が小さいために取扱いが難しい。例えば水素水の場合、安易な方法で箱詰めすると水素は容器外に漏れ出てしまい、消費者の手元に届くころにはただの水となっているケースもあるようだ。「効果がない」と揶揄されることもある水素。近年の水素に関する研究結果や関連商品などを追った。

水素の効能とは

水素による健康効果としては、老化防止、疲労回復、血糖値抑制、便秘の改善、脂肪燃焼などが挙げられる。医療分野はもちろん、アンチエイジング、美容医療の分野でも注目される効果ではある。
「水素は生活習慣病や老化の予防になる」と言われる理由は、水素が生活習慣病の誘発につながる「活性酸素」を制御するためである。もともと活性酸素は、抗酸化作用があるため異物や毒物を分解する特徴を持っている。しかし反面、体内の細胞を傷つけ重要な臓器や細胞、遺伝子にダメージを与え、様々な疾病を誘発したり老化を早める原因になる。
活性酸素は飲酒、喫煙、ストレス、また外的要因としては排気ガス、酸性雨、紫外線などの影響で発生すると言われる。また激しい運動をするアスリート達は、筋肉に大量の酸素を送り込んでエネルギーを作り出すとともに取り込まれた酸素の一部は体内で活性酸素になる。このため通常の細胞や血管・内臓などにダメージを受け、老化や病気を誘発させることが多い。
これに対して水素は、酸化と真逆の働き(還元作用)を行うため活性酸素の誘発を制御することができる。とくに、活性酸素の中でも悪玉活性酸素の「ヒドロキシルラジカル」を除去する特性があると、日本医科大の太田教授(細胞生物学)による実験で実証された。また水素は非常に小さな分子であるため、同じ抗酸化物質のビタミンやポリフェノールでは通過できない脳内の血液脳関門を通過することができ、脳細胞に起因する疾病予防にも効果を発揮するといわれている。
活性酸素が原因となる病気は、日本人の三大死因であるガン、心臓病、脳血管疾患にとどまらず、糖尿病、動脈硬化、高血圧、肥満、肺気腫、ストレス性潰瘍、リウマチ、パーキンソン病、アルツハイマー型痴呆、認知症、白血病、肝硬変、老化などが挙げられ、ほぼ主要な病気を網羅しているといえよう。
このように水素は、活性酸素を除去できる点と、抗酸化物質として唯一脳細胞にまで到達できる点で、その効果が注目されている。

水素がメラニンを抑制?アンチエイジングに活用

様々な医療現場での活用が期待されている水素だが、特に美容医療・アンチエイジングの分野で調査研究を行っている会社がある。ユニライフジャパンだ。
同社は、固定化した水素に、メラニンを抑制する高い抗酸化力があるということを、県立広島大学名誉教授/大阪物療大学保険医療学部の三羽教授との共同研究チームで突き止めた。
これによると、同社が水素発生原料として使用する「マイクロクラスター」と他美白剤成分を対象に、チロシナーゼ酵素反応検証におけるメラニン中間体の生成度を計測。コウジ酸、アルブチン、ハイドロキノンなどの美白剤と比較してメラニン中間体(DOPAクロム含む)の生成を著しく抑制することが分かった。他の美白剤では最大で36%程度のメラニン中間体を抑制するが、マイクロクラスターは87%程度を抑制し、既存美白剤の2.5倍以上の美白効果になったという。
※この調査結果は国際学術誌「ナノ科学ナノ工学誌」(Journal of Nanoscience and Nanotechnology)に2012年12月に論文掲載されている。
この研究で使用した水素発生原料のマイクロクラスターは、ナノサイズの多孔質を持つシリカ(二酸化ケイ素)に大量の水素を閉じ込めた素材。水を加えることで水素がナノバブルとして継続して発生する。これはアメリカのパドリック・フラナガン博士によって開発された水素発生原料だ。
長寿の村フンザの水に特殊なタイプのシリカ(ケイ素)が含有されていることに着目し、30年以上の年月をかけてこの特殊なシリカを開発した。このシリカに水素を吸着させたものがマイクロクラスターで、酸化還元電位(OPP)-950mV、水素溶存量1.608ppmという特徴を持つ。
さらにこの水素発生原料マイクロクラスターの効果は、メラニンの抑制だけではない。コラーゲン生成に関する研究結果では、マイクロクラスターを1.65mg/ml投与することで通常の2.35倍に増加した。レチノールとの比較では1.3倍の結果になったという。(県立広島大学名誉教授/大阪物療大学保険医療学部三羽教授による研究)
一部の水素商品における信憑性が問われる中で、同社はフラナガン博士提供のエビデンスだけではなく、日本水素医療美容科学会に所属し、県立広島大学名誉教授/大阪物療大学保険医療学部の三羽教授と共にマイクロクラスターの研究を行っている。さらに、クリニックとも提携し医学的分野でも水素の可能性を模索しているという。
アンチエイジングや美容という視点で水素をさらに活用しようと、同社では美白・美肌関連の化粧品やサプリといった商品開発も進んでいるという。またOEMでの商品開発も行っており、クリニックやエステオリジナルの水素関連商品を開発も可能だという。

各社が水素を使ったアイデア商品を!

その他、活性酸素の90%が腸で異常発生する点に注目した「水素サンゴパウダー」という商材も注目されている。この商品を扱うヘアーインベストメント(東京都品川区)によると、サンゴは小さな穴が無数に空いた多孔質と呼ばれる構造で吸着力がとても強い。この特性を活かして特殊な製法で水素を多孔質に含ませ、ナノテクノロジーでパウダーにしたのが水素サンゴパウダーだという。
ドイツでは保険が適用される「腸デトックス」の発想でサンゴパウダーの多孔質構造が、腸壁にこびりついた毒性老廃物を吸着して便と共に排出。そして体内に残っている活性酸素を、多孔質構造に含まれた水素が作用する。さらに、厚生労働省が定める栄養摂取基準を唯一下回っているカルシウムも、この水素サンゴパウダーでは摂取することができるのだという。
また、「ASU MIITE」(アスミーテ)は、エコテックスが取り扱う水素水だ。この水には、特許出願済みのナノレベルの水素水とあわせて制癌作用を持つフコイダンが含まれている。水素は水中に長時間保持できないことが業界での共通課題だったのだが、この「ASU MIITE」(アスミーテ)は7年間の研究の結果、「イオン化ナノバブル製法」を開発。1ccあたり1500万個もの水素を含み飲料後は30分程度で全身を一巡するという。
一方、〝水素市場〝の老舗であるFDR・フレンディアでは、21年前から大学や研究機関・病院と提携し研究を重ね、病気になりにくい身体作りに貢献すべく製品開発・販売を行っている。スティック状の「ドクター・水素水」シリーズは同社のベストセラー商品で、シリーズ販売本数は550万本以上を記録。普通の水にスティックを入れるだけで安定した水素水を作りだることができ、気軽に自宅で水素水を飲用することができる点が好評だ。

水素をとりまく環境

このように医療分野はもちろんアンチエイジング、美容医療分野でも活用できそうな水素関連商品だが、「残念だが、水素が入っているとは言えない商品もないとはいえない」と、専門家は話す。水素は取扱いが難しい原料でもある。先述のとおり分子がとても小さいため、ペットボトルに入れて販売されている水素水の場合は、時間の経過とともに水素が外部に漏れ出てしまっている可能性は否めない。
また水素がどのくらい安定保持できるかを示す「溶存水素濃度」を調べると、ふたを開けた後、数十分で水素が抜け出してしまう商品もある。原料として利用している水素の分子サイズによっては浮力が生じて起きる現象だ。
厚生労働省による明確な取扱基準なども定められていないことも、こうした「疑似商材」が市場に出回る原因ともなっている。正統な開発会社は、独自で大学や研究機関と共同で研究開発を行ってはいるものの、そうした努力には限界もある。
研究者と行政が連携しながらしかるべき規格づくりをして、その共通ルールのもと開発メーカーが製造できる環境が整えば、結果的に消費者が安心して購入できるようになるはずだ。そんな〝水素市場〝になっていくことを本誌では説に望む。

水素水は体にいい?水素水の健康効果

水素水とは、水素分子(水素ガス)を含む水のことです。人体においてもDNA=遺伝子の本体に必要不可欠な元素です。私たちの体内には、酸素、炭素に次いで三番目に存在度が大きい元素でもあります。そんな水素を多く含んだ水素水。その働きを説明します。

アンチエイジング

女性が気になるシミやシワ、お肌の不調も、悪い活性酸素の仕業、いまこの瞬間も体は少しずつサビていきます。最近は女性誌などでも、水素水や水素を生活に取り入れる特集が大人気。水素水で元気なミトコンドリアを増やし「細胞からキレイ」になる。これが最新アンチエイジングの常識なのです。

腸内環境を整える

水素水を体内で吸収する事で細胞も潤い、腸内に溜まった便も正常になっていきます。そして便通も良くなりますので、臭いの元がなくなる訳です。

血液がサラサラになる

活性酸素が生活の中で増えていくと血液がドロドロになってしまいます。水素が活性酸素を除去することによって血液もサラサラになっていきます。血液がサラサラになるので心筋梗塞や脳梗塞の予防にも有効だと言われています。

ダイエットにも有効

血液がサラサラになることで血行が促進され、代謝も活発になるのでダイエットに有効です。さらに便通も良くなるので便秘が解消され女性にはダイエット以外にも良い効果を得られることができます。ダイエットのために運動を取り入れている人には、効果的にダイエットを行うことができます。

記憶力アップ

脳の老化も活性酸素が関与していると考えられ、活性酸素を取り除く水素は記憶力低下、認知症などの予防になると考えられています。これはマウス実験ですが、普通の水を飲むマウスと水素水を飲むマウスで記憶力の差がはっきり出たのです。また、神経幹細胞の増殖能力も良い結果が出ました。
他にも高血圧、花粉症、アトピー、糖尿病等にも水素水を摂取することで病状改善が期待されると言われています。

美容効果

シミ、ソバカス、シワの原因は加齢もありますが、それよりも活性酸素がメラニン色素を酸化させ、肌に残してしまいます。また、肌のコラーゲンも分断してしまうためシワになったりするのです。肌に悪いとされる活性酸素は細胞を攻撃して肌が傷んでしまうのです。活性酸素を除去するには生活習慣を改めるのが一番ですが、水素水を摂取すると良いと言われています。

水素水の注意点

水素はとても分子が細かいので、すぐに抜けてしまうのが難点。水素をその場で発生させるサーバータイプか、水素を閉じ込めておけるアルミパウチ式の 水素水 を選ぶのがポイントです。また、水素は目に見えないものだからこそ、事前に水素濃度と酸化還元電位(錆をとる力)をチェックしておきましょう。

水素水をヤカンや鍋に開けて加熱することは、避けましょう。
このような場合、水素水の中の水素が酸素と結合し、ただのお水に変わってしまうため、せっかくの水素水の効果がなくなってしまう恐れがあります。

水素水をとるには?水素水の生成方法

電気分解

一般的に水素水サーバーやアルカリイオン還元水等の名称で水道直結の卓上型浄水器という形で販売されております。

○メリット
・即時で水素飽和量の水素水を作る事が出来ます。
○デメリット
・本体機器、定期的なカートリッジ交換など、高価な事が多い
・その場で飲まないと水素が逃げ、ただの水になってしまうので、どこでも飲む事は難しい。
・別途電気代がかかる

一般のご家庭はもちろん、医療施設からプロスポーツ選手、芸能人まで、さまざまな場所で活躍しています。
横浜DeNAベイスターズの管理栄養士である八十田さんが言うには「選手が常にベストコンディションで試合に臨めるように、飲む・洗う・煮る、すべてにプロトン水素水を使っています。プロの目から見ても納得ですね!選手の健康管理は任せてください。」とのこと。

化学反応

化学反応を利用して、分子水素を発生させ水素豊富水を作ります。

○メリット
・水素発生源を水中いれているので、どこでも水素水を飲む事が出来る。
・通常のペットボトルが使用できるので携帯性に優れており、スポーツ時や旅行に持ち込める。
・容器より水素が抜け続けても、水中でも同じように水素を発生し続けるので、いつも水素豊富水が飲める。
○デメリット
・化学反応で水素を発生させるのに、水素量が上がるまで時間がかかる(2時間以上推奨)

水素ガス

一般的にアルミパウチやペットボトルなどで水素水として販売しております。

○メリット
・キャップを開ければすぐ水素水が飲める。
・持ち運ぶことができる。
○デメリット
・工場で水中に水素ガスを入れた瞬間から、水素は抜け続ける。
・構造上、飲み口は本体とキャップの物理的に2つの部品から出来上がっており、接着されているわけではない為、たとえ未開封であっても宇宙一小さな分子である水素は、その隙間から抜けて続ける。
・100ml当たりの単価が100円を超えるものがほとんどで、飲み続けるにはコストが高い。

 

参考資料

なるほど元気倶楽部

水素の健康効果に賛否両論!

水素水は体にいい?水素水の健康効果

水素が健康に影響する7のポイント

水素水が病気を治す!?治療に繋がる5つのポイント

水素水の効果は本当なのか5つの疑問

水素水とは病気を治してしまう奇跡の水だった。

水素水サーバーで、毎日ゴクゴク水素水生活

水素水の注目するべき7つの効能

活性水素水を見極める5つのポイント

還元水素水と酸化還元電位の5つの関係

水素水でダイエット、嘘のような本当の話

水素発生方法と効果的な7つの使い方

水素水の生成器は何が良い?選ぶべき3つのポイント

LinkedIn にシェア
LINEで送る
StumbleUpon にシェア
Pocket