ダイレクトマーケティングと言う言葉を聞いた事があるだろうか?

正確にはダイレクトレスポンスマーケーティングと言うのが正しいですが、

ダイレクトマーケティングの方が一般的ですので、ここではそのように表現いたします。

ダイレクトマーケティングの歴史

ダイレクトマーケティングとは、広告原理から派生している言葉で、直接、顧客の反応(レスポンス)を見る事ができるマーケティング手法です。1961年に、レスター・ワンダーマンが、科学的な広告原理に基づき、効率的な販売方法として世界で初めて提唱したものとの事です。

また、従来の広告の目的である伝えることよりも、レスポンス(反応)を獲得することを重要視しているため、イメージ広告よりもセールス色が強いと言われております。

そしてダイレクトマーケティングで代表的なものとして、通信販売などがあります。

通信販売事業におけるダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングの代表的なものとして、通信販売事業が上げられます。

通信販売の場合、ネット上、雑誌、ダイレクトメール様々なメディアを通して顧客はこの広告を見て商品を購入して、レビューを書いて、商品の評価を行いその評価によって、商品の改良や新製品の開発等につながり、最終的には、顧客をファンになってもらい、永続的な取引に繋げる方法です。

ここで、重要なのがやはりレスポンスです。

このレスポンスを重要視する事で、いままで、直接取引が無かった業界でもこの手法が非常に効率的に使用できるのです。

製造工場のダイレクトマーケティング

通常商品を販売する場合、顧客と製造工場の間には、卸問屋、販売店舗といった中間会社が存在しており、現在でも必要なものでありますが、インターネットと言われているメディアの普及で、製造工場から直接顧客に商品を販売する事がとても簡単に出来るようになったのです。

それが、ダイレクトマーケティングの代表と言えるでしょう。

製造工場で行うダイレクトマーケティングで重要なのは専門性です。

あなたも、Google、Yahooで検索で、商品やサービスを探すときに、専門性の高いサイトを選んでいませんか?

この私もかつて、製造工場の責任者をしていました、このダイレクトマーケティングの名前を聞いたのは、約10年前の2003年頃だったと思います。当時最先端であったその手法を使ってホームページに約50万円投資して、売上げは+1,500万程度の収益を生む事が出来ました。10年ほど経過していますので、まったく同じ方法ではダメですが、この方法はまだ使えます。

ダイレクトマーケティングでの恩恵は受けていませんか?

多分、あなたも その恩恵に預かっていませんか?

製造工場系のダイレクトマーケティングでかなりメジャーで大成功しているものとして、アスクル等の文房具宅配では無いでしょうか

これは文房具では最大手のプラスが直接販売するために作った会社で、商品を直接販売する事で、流通コストが圧縮して、顧客に安価で提供できるし、また顧客からの商品のレスポンスも早いため、製品在庫等も読みやすくなるのです。両方にWinWinになるのです。

これは、大手だから、上手くいったんだと思う方もいるかと思いますが、このダイレクトマーケティングで1番の大成功業界は印刷業だと思います。

現在ネット印刷で、データーさえ送れば、格安で、印刷するメーカーがあります。かつて、印刷下請けは、95%が赤字という時代に、このダイレクトマーケティングを実施している会社のみが黒字、しかも家族経営レベルの小さい会社が、インターネットを上手に使用して、このマーケティングを行い、収益を上げる事が出来たのです。

これからのダイレクトマーケティング

このダイレクトマーケティングはもちろんオールマイティーではありませんが、専門的な商品やサービスであれば、売りやすい方法です。

非常に簡単な方法です。是非実践して見てください。

 

参考資料

ダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングとは

「ダイレクトマーケティング」とは?〜今知っておきたい!要注目のマーケティング・キーワード〜