ブランディングとは

「ユーザーに自社に対して共通の認識を持ってもらえるよう」

にイメージを植え付ける戦略です。

ブランディング戦略

企業は、長い時間とお金をかけて、自社のイメージを

ユーザーに植え付けています。

例えば 

ハンバーガーと言ったら・・・・・マクドナルド

コーヒー店といったら・・・・スターバックス

牛丼と言ったら・・・吉野屋

別に世界一おいしいから頭に浮かぶのでは無く

イメージを植え付ける事がブランド化なのです。

ブランディングは大企業だけのものでは無い。

大企業のブランディングには、金と時間がかかります。

広い範囲でのブランディングを行っているからです。

中小企業のブランディング

例えば、静岡県 三島市で醤油ラーメンを作っていて、周りに同様の店が無い場合。

三島市の醤油ラーメンなら ○○屋 というブランド化は 可能なのです。

必要なのは、ブランディングに大事なのは 差別化です。

戦うフィールドに競合先がいなければ、コストリーダーにもなれますし

ブランディングによって、広告費ゼロで ビジネスが行えるようになります。

目先の売上げで無く、長期的な利益がまかなえるのです。

そのため、まず最初にする事は自社のコンセプトを決める事です。

 

11個の要点でちゃんと理解する「ブランディングってなんなのよ?」