ブランディング 手法とはどのような事でしょうか?

たぶん、大企業だけのものと思いがちですが、実はシンプルな方法で実現できるのです。

ブランディングで重要のファクターとしては大きく3です。

ブランディング 手法 1 コンセプト

コンセプトは簡単に言うと 基本方針、基本の考え方ですが、

ブランディングする上では、大変重要な項目になります。

このコンセプトを決める上で重要なのが、

誰に(ターゲット)、ベネフィット(どんなメリット)、どな方法切り口で(メソッド)

どんな商品、サービスでも重要のコンセプトの要素としては、

楽、早、安、簡単、再現性、新しさ とくに新しさは必要な要素となります。

ブランディング 手法 2 ターゲティング

ターゲティングについては、先ほど書きましたが、”誰に”になります。

これは、セグメントすれば、それだけ ターゲティングを絞る事ができます。

例えば 基礎化粧品を販売する場合

36歳 女性 職業 社長秘書  髪は ロング茶髪   年収 300万 

ビール好き、カラオケ好き  化粧品にはお金を使用する。

こんな風に考えるのです。

これを一般的にペルソナといいます。

ターゲティングに必要な事は、このペルソナを考えて行く事です。

絞るとターゲット客層が減少すると思うかもしれませんが、それだれ洗練したものになる事で、

ターゲット以外からも集客がうまれていくのです。

ブランディング 手法 3 ポジショニング

ポジショニングとは、どんな立場環境で戦うかです。地元1kmなのか、国内全部なのか

それによって、かける工数もかわります。

日本語で言うところの立ち位置です。

店舗で商売をするのか、通販、ネット上で対応するのかを決める必要があります。

ブランディング 手法を成功させるためのポイント

ブランディングをする上で、勘違いしては、行けない事としては、

商品を販売するのでは、無く、価値感を販売する事です。

実際ブランディングするために選ぶものとしては、

・新しい需要

・今後伸びる市場でパイオニアになる

・既存市場であれば独自性があるか

これが重要であるが、特に3番目の独自性すなわち 差別化が重要になります。

 

11個の要点でちゃんと理解する「ブランディングってなんなのよ?」

圧倒的な結果の出るブランディング手法とは

ブランディングとは